Twitter(ツイッター)のパパ活で月15万稼いだ私が安全なやり方と良パパの探し方を紹介

私は実際にTwitterでのパパ活をしています。

最初はパパ活というもの自体にちょっとした偏見や恐怖心を持っていました。

ですが、しっかりと相手を選んでパパ活すればTwitterでも稼げます!!!

私自身嫌なことをされた事もないですし、身バレもしていません。

Twitter上でのパパ活で一番多い嫌なことで挙げられるのは”ドタキャン”ですが、それはどんなマッチングアプリでも同じだと思います。

しかし、それを防ぐための方法もあるので書いていきたいと思います!
 

Twitter(ツイッター)でパパ活(p活)できる?

『Twitterでパパ活できるの?』

というのは皆さん疑問だと思います。私は学生なので塾講師やその他様々なバイトをして生活しています。

なので最初は『タダでご飯食べれて、買い物してそれでお金もらえるなら苦労しないよ〜』と思っていました。

ですが、私は最初にも記述した通り、Twitterでパパを見つけました!

皆さんが日々使っているであろうSNSのTwitterでパパ活できるのです!

私がTwitterでパパ活をすることになった流れを説明すると…最初は”裏アカ”というものを作っていました。

裏アカをテーマにした映画もあるぐらいですが簡単に説明すると、”同じ性癖や好みと人と性行為をするために使うアカウント”です。

想像しづらいかも知れませんが、その界隈にはよく”性行為の動画”、謂わゆる”ハメ撮り”をUPしていたり、普段の生活や恋人の前では出せない性癖を抱えた人がマッチする相手を見つけて連絡を取り合い、実際に会うor実際に関係を持ったりするのです。

ちなみに、裏アカでは出会ってホテルなどで行為を行うことを”オフパコ”と言います。

こうやって自分のことを紹介して、ハッシュタグ検索で見つけてもらいフォロワーさんを増やします。

お互いの日々のツイートを見て、絡むようになり、会おうか?となるのです。

お互いのツイートを見て絡むようになるのは普通のTwitterの”趣味垢”と同じですね。

裏アカの場合会ってすることがお喋りなどではなく、性行為というだけで、ある意味”趣味垢”の一種と考えてください。

※ちなみに”自己紹介”とありますが、私がTwitterでパパとなる人を見つけた際公開していた個人情報は、bio欄に”東京住み.医大生.身長・体重”だけです。

アイコンもフリーアイコンにしていたので自撮りなどではないです!

(このよくわからないけど可愛い熊さんをネットから拾ってきてアイコンにしていました)

ツイートにも一切自撮りなど載せていませんでした。(身バレが怖くて…)

でもそれぐらい慎重な私でもTwitterでパパを見つけることができるのです!

Twitter(ツイッター)でパパ活するメリット

Twitterって何気ない、いわばどうでも良いことを書いたりしますよね。

私も『今起きた』とか『今から塾講だ〜面倒』、『眠い・授業疲れる』とか…

しょうもないツイートでも”学生なんだな・塾講師のバイトしているんだな”と情報が掴めます。

その人の普段のツイートが見える

上記にも書いた通りツイートから、何をやっているのか、今日は休みなのか、好きなものは何なのか….など素性が覗けます。

カフェの写真をあげていたらそこに映るものから『コーヒーと甘いものが好きなんだな』

タバコを持っている手元を映す画像をあげていたら、『タバコ吸う人なんだ』とわかります。

ここで喫煙者が苦手な女性は”会いたい!”とはならないですよね。

これは実際に裏アカ男子のTwitterから引っ張ってきました。(裏アカ男子=裏アカをしている男性)

このツイートで、引っ越しするのか!とわかります。

このツイートからは、出張がある仕事についているのか!地方まで行く機会がある仕事なんだな…とわかります。

これらの画像は一部ですが、例えば『久々の新宿駅』と写真をあげたり、自撮りを男性もいるので、その人の顔はもちろんのこと、話しているうちに『東京に職場がある』と分かると、埼玉〜東京なら埼京線に乗っているのかな…などの推測までできます。

(※これは一例であって、どなたか個人を指すものではありません)

簡単に始めやすい

Twitterは複数アカウントを持てるので、すぐに作れますし、嫌になったら即消せます!

(複数アカウント持っている方は”本垢”や”大学垢”と間違えてツイートしないように注意です!)

顔写真を載せる必要がない

『東京の医学生・158cm・40kg』は本当のことを書いていましたが、『年齢・住んでいる場所・名前・家族構成・出身』など最初に書いた3つ以外本当のことは何も言っていません。全て嘘の情報を伝えていました。
(40kgは少し盛って本当は42kgなのでこれも嘘ですね…笑)

アイコンも可愛いらしいイラストにしておけば良いので、顔や体の一部などを載せる必要はありませんでした。(アイコンは前に載せた鼻水出てる熊ちゃんです…笑)

Twitter(ツイッター)でパパ活するデメリット

Twitterはとても短なSNSです。便利な反面、デメリットもあります。

身バレの可能性

身バレしないように必要以上に個人情報を書きすぎないで!

見た目が全然違うやん!隣らない程度の事実を少し盛ってみたり、年齢も『20↑』や『東京の女子大生』や『東京でOL』など大まかで大丈夫です。

本当のことを詳細に書きすぎて身バレしないように気をつけてくださいね!

なかなか良パパとなってくれる人と出会えない

私は元々裏アカとして動かしていたので、ただ同じような性癖の人と謂わばセフレを作るための界隈にいました。

なのでツイート内容としては『制服着てセックスしたい』とか『30代前半の性癖の合うセフレ作りたい』とか書いていました。(裏アカ界隈はこういうの書いていても大丈夫なところですからね!)

普通は同年代ぐらいのお相手を求める女性陣(裏アカ女子)が多く、そうすると30代の男性陣は相手にされません。

性行為をする相手を探すのが裏アカ界隈なので、20代の女性は20代の男性と関係を持ちたいと考えるのが妥当でしょう。

そんな中、20代前半にもかかわらず、『30代前半から半ばぐらいの人が好き』と言っていた私は裏アカ男子から見たらレアキャラでした。

そのため、フォロワーさんは同世代もいましたが、30代の人が多かったです。

ここに私がパパを見つけられた方法があります。つまりは『若いのに年上(おじさん)好きということをツイートに散りばめていたからです。

私の趣味として元々年上(30〜35歳ぐらい)が好きなので『年上好き』といったことをツイートに書いていただけなのですが、そのおかげで30代の男性も「俺にもチャンスあるかな」とフォローしてきて、中にはお金を出してでも会いたいと思ってくれる人(=のちのパパ)がいたのだと思います。

裏アカはそもそも性行為相手を探すためのものでもあり、裏アカを作成しているのは女性の方が多いのが事実です。なので、パパ活の男性から声がかかる。ということは難しいのが事実としてあります。

 

Twitter(ツイッター)でパパ活(p活)した女性の口コミ・評判

実際にTwitterでパパ活をしている女性たちのツイートを覗いてみましょう!!

良い口コミ・評判

・買い物の時に欲しいものを買ってくれた

・隙間時間にサクッと会える相手を見つけられた(今から〜・明日〜など)

・クリスマスなどのイベント毎にプレゼントをくれる(クリスマスに現金もらっている人がいて私もパパ活を始めました笑)

『ケーキ一緒に食べるだけでクリスマスプレゼントとして現金もらえるの?』と驚いたツイートです。

デパコスなどを買ってもらえるのいいですよね。お買い物に付き合うだけで、タダで美味しいご飯食べれて、高級ブランドの商品を買ってもらえたり…羨ましい…

悪い口コミ・評判

・ドタキャンされた

正直悪い口コミはこれが多いです。お金を払ってくれないなどは会っている時点で最初に払うのが暗黙のルールなのであまり見受けられませんでした。

このようにドタキャンされてしまった〜という女性もいます。

待ち合わせで相手が来ないというのは、別にTwitterに限った話ではないと思います。

マッチングアプリでも同様なことは起きますし、私もマッチングアプリで恋人探しをしていた際に、元々は会おうと思って乗り気だったけど日にちが近づくにつれて「なんか違う…?」と思うようになり、1週間前にキャンセルにしてもらいました(これもドタキャンかな…?)

Twitterで『#p活』や『#pjさんと繋がりたい』というハッシュタグを使うと、アプリやTwitter上で会う約束していたのにドタキャンした悪質な人を女性陣がツイートしてくれているので、大変参考になると思います!ぜひ、見てみてくださいね。
 

Twitter(ツイッター)のパパ活(p活)のやり方とパパの探し方

それではどうやってTwitterでパパとなる人を見つけていくのか!?
その方法を伝授します!

ハッシュダグをつけて相手パパを募集

#裏アカ女子 #裏アカ男子と繋がりたい パパ/活 #p活

こういうタグをつけてツイートしておくと、すぐに男性フォロワーが集まります。

そんな時に『お金ないからパパ活とかやろうかな〜』のようなツイートをすると多くの男性の目に触れることができるので、パパとなる人を見つけやすくなると思います。

『#p活』というタグを付けておくとすぐにDMがきて「ホ別4でどうですか?その他のお金も全部出します!」「まだパパ募集していますか?」という内容のメッセージが送られてきます。

すぐにメッセージは来るのですが、その人が『良パパ・太パパ』となってくれるかは分かりません。

このようにタグをいっぱいつけて自撮り(目だけor雰囲気がわかる程度)を載せてツイートしていると目に付くと思います。

とはいえ、身バレが怖い私は何一つ自撮りも画像もあげなかったです。

セクシーな画像をあげる人が裏アカ界隈にはたくさんいますが、一枚も画像を載せずとも私はパパ活できたのでご安心を!

Twitter専用のパパ活用語一覧

#p活 #パパ活 #円 #援 パパ/活  #pjさんと繋がりたい

この#pjさんと繋がりたいというのは”pj”つまり”パパ活女子”を意味して、その人たちで情報を共有したい時に使います。

『この人悪質だったよ!』とか『パパにあげるバレンタインデーのプレゼント何にしよう?』など繋がっていると色々なアドバイスや情報が入ってきて便利です!

DM(ダイレクトメール)でやり取り

お手当は実際に会う前段階のやり取りで、金額の相談・提示をします。

最初の金額が今後も続くと考えて値段は決めてください。

関係が続いていく中で、女性側が大幅な増額を求めたり、逆に男性側がお金を減らしたり…となると信頼関係やバランスが崩れてしまいます。

私は元々パパ側から『顔合わせで1万円』と提示されました。(顔写真見せていない状況です)

ですが、私は「その金額でわざわざおじさんと会うのかぁ」と嫌だったので、男性側に顔写真をもらった上で「私も顔写真送るので、その顔を見て決めてくれませんか?」とメッセージと顔写真を送りました。(※提示されたもので頷かない=「その額で会う気はないよ」という意味が込められています)

その後、私の顔を気に入ってくれたのか『顔合わせで10万払う』と言われ、私は「授業と授業の合間に会うので1時間ちょいしか会えない」ことを伝えて承諾を得ました。

私はバイトで忙しいということ、その合間を縫って会っているということは散々伝えていたので高額な顔合わせ代になったのか、ただ気前の良いパパだったのかは謎ですが…

”クリスマスだからプレゼントとしてプラスでお金をあげる”などは私の周りでもよく見る光景なので素敵だなと思いますが、ベースとなる金額は最初の交渉の際に決まるのでしっかりとお相手と話し合うことが必須です。

会う場所と時間に関しても、「こういうことするの初めてなのでカフェとか人がいるところがいいです」とこっちの思いを書いて、承諾されました。

密室は何をされるかわからないので気をつけましょう。見ず知らずの異性と密室は怖いです。

また、お相手が顔写真を送ってきてから自分のを送ること!(私も相手のを貰ってからにしました)

自分の写真を送りたくなければ送らなくていいと思います!

「顔見てみたい」と言われても「そのための顔合わせなので写真は送りたくないです」と言えば大丈夫です。それでも無理矢理迫ってくる人とは”会わない”!これに限ります。

「嫌です」と言われて引くことができない人は人間としてどうかしているので気をつけてください。

ここで注意して欲しいポイントまとめ!

会う前のDMの段階で話し合うことは…
1.日時と場所(初めての時は密室は避けてカフェとか周りに人がいる所!)
2.お手当の金額(最初のものがこれからも続くと考えて交渉する…二度と会うつもりなくてもね)
3.顔合わせだけなのか、何時間ぐらい会うかなどの内容!!(顔合わせなのにホテル誘われた!とかは二度と会わなくていいです。他のパパを探しましょう。逃げれるように1の周りに人がいるところで会うのです!)

実際のDMでのやり取りのスクショが残っていないので、再現してみました。

左から順に読んでください!○◯さんというのが私です。

LINEのように右側が私のメッセージ・左側がお相手のメッセージです。

実際はLINEではなくDMでやりとりされていたので、お間違えなく様お願いします(LINE風のアプリしかなくて…)

パパと顔合わせ

私は相手の顔写真をもらっていて、当日にも『もう少しで着きそうだ』とか、『こういう服を着ています』という内容のメッセージが来ていました。

※自分の写真を送っている場合は…というか送る場合は、”顔の加工しすぎて全然違う人”にならないように気をつけてくださいね!(私は普通にbeauty plusで撮っていました。)

駅で待ち合わせをし、近くのカフェに行きました。

お相手は仕事の合間に会ってくれていたので、1時間ぐらいお話をすると言った感じでした。

会ってみて『全然想像と違う人きた!』とか『もう会いたくないな』とか…そうなることもあると思いますので、相手の一挙手一投足見逃さずに!!!

実際に会って会話するのと、文面だけではやはり違います。少しでも『嫌だな』と感じるものがあったら、次回以降は会わなくて大丈夫です。

そこを無理して会うと後々しんどくなります。

そこの直感は意外と当たるので、『なんか違う』という本能には従うようにしてください。

お手当をもうらタイミングは?

大事なのは”最初に貰うこと!

信頼関係を築く上で大事なところです。

嘘をついたり、払わず逃げたり、そんなことがあっては男女とも最悪です。

なので、会ったら男性は最初にお金を渡しますし、女性は、約束していた金額か確認しましょう。
(封筒に入っていた場合でも、一言断りを入れて絶対に確認はしましょう。)

お金の確認をして嫌な顔するパパはまともなパパではありません。

払うと言ったものは払う”、約束を守るのは当たり前のことなので。

実際に私も目の前で確認しましたが嫌な顔一つせずにその時間待っていてくれました。

お手当がもらえなかった時の対処法は?

最初に金銭はやり取りするのが当たり前のルールなので、『お手当いただいてもいいですか?』と声をかけましょう。

それで、払わなかったら、急に予定ができたとか、肉体関係がその後ある予定でも整理になったとかトイレに行くフリして帰ってしまえばいいです。

大人(ドカタ)を求められた時の断り方

顔合わせの前段階のDMでどこまでするのかという内容について話しておくように!と書きましたが、元々お買い物だけだったのに無理に誘われる…と言った場合はキッパリと断りましょう。

周りで元々の約束と違う!となっているパパ活女子は見たことないので、元から肉体関係を持つのか否かは結構守られているように感じます。

もし顔合わせの段階で「肉体関係を持つならプラス◯万円する」などと提案されて、あなたが嫌だった場合は『食事やお買い物だけのパパ活しか考えてない』と言えばいいです。

無理矢理ホテルへ誘われた場合は『最初〜〜っていう約束でしたよね』と冷静に話し、身の危険を感じるようだったら周りに助けを求めてしまっても構いません。

だから、初めて会う際には人のたくさんいるカフェなどの密室じゃない場所にするようにと私は上記でも述べています。

何かあった時に男女なので体格差で負けてしまいます。危険を感じたら助けを求めるなり、逃げるなり、自分を守る対応を!
 

Twitter(ツイッター)のパパ活(p活)は稼げる?

やはり都市部となると女性側のレベルも高いですし、まず物価自体が高いので、その分地方と比べると金額は上がります。

なにより、パパとなる男性の数が多いという点も金額に表れているでしょう。

とはいえ、東京や大阪などのパパの数が多い都市部よりもお手当の金額は下がります。

都市部で働いているパパが地方に出張できた際などに会えば、都市部と同様の額が貰えるでしょう。

都会も地方も下限はどの都道府県も基本的に変わらず、上限で差が出てくるなという印象です。

Twitter(ツイッター)のパパ活のお手当相場

東京 大阪 名古屋 福岡
顔合わせ 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
デート(大人なし) 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
デート(大人あり) 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
定期(大人なし) 50.000円 50.000円 50.000円 50.000円
定期(大人なし) 100,000円 100,000円 100,000円 100,000円
仙台 京都 新潟 岡山 鹿児島
顔合わせ 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
デート(大人なし) 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
デート(大人あり) 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
定期(大人なし) 50.000円 50.000円 50.000円 50.000円 50.000円
定期(大人なし) 100,000円 50,000円 100,000円 100,000円 100,000円

都市部でも地方でもお手当の金額には幅があります。

そこは最初の金額の話し合い(顔合わせ前に!)でしっかりと決めておきましょう。信頼関係が大切になってくるので、金額の話し合いは大切です!

Twitter(ツイッター)のパパ活で稼ぐコツは?

Twitterで良いパパを見つけたら絶対に逃すわけにはいきません!一度会って、もう会いたくないなと相手に思われてしまっても勿体無いです。

そこで、大切なポイント・私が心がけていることを書いていきます。

年齢とコミュニケーション能力

年齢は若い方がお手当の金額が上がりますが、置き物のようにじっとしていたり、ブスッとしていては相手もまた会いたいとなりません。

ちゃんとコミュニケーションが取れれば相手も満足してくれるので、関係が続くと思います。

ショップの販売員さんのような特殊な会話力は必要ありません!普通に受け答えをしたり、話に興味を持っているそぶりをしておけばいいのです。

私は”相手の目を見て話を聞く”、”おじさんの自分語りにうんうんと頷き興味のある雰囲気を出す”

要は、相手が気分の良い時間を過ごせたなと思うように振る舞うのです。

私が医学生で仕送りもなくバイトと勉強に追われる日々ということを話していたら、相手が『俺も大学の時大変だったからわかるよ〜』と自分語りを始めました。

そこからは、目を見て、体を相手側に向けて、聞いてますアピールをしていれば良いのです。

相手の好みの服装を聞き出して当日着ていく

これはおじさんがだいぶ喜ぶやつです!『どんな服装が好みですか?』と聞いて、当日それを着ていけばOK!

返答は大抵、『普段通りでいいよ!女の子らしいのが良い!』ぐらいですかね。

なのでブランドで言えば、snidelやmajesticlegonなどの清楚系ワンピを選びました。

シースルーやレースがあしらわれている透け感のあるものや、スカートなどの女性らしい服装がベストです。

私は大好きな森川葵さんが”文学処女”という作品で一瞬だけ着ていたワンピースを真似して買っていたのでそれを着て行きました!(ちなみにこれはノーブランドです)

実際の色はこんな感じです(ドラマ内では照明がオレンジだったので1枚目の画像の色に見えますが..)

『あなたに会うためにお洋服選びましたよ!』というのを伝えれば喜びます。

相手の求めるキャラクターを演じる

お金を持っているおじ様方に可愛いと思われるキャラクター設定が私的にはとても大事だと思っています。

”いつもニコニコしている”とか”素直さを前面に出してみたり”だとか、また会いたいなぁと思わせるキャラクターを演じればお手当の金額も自ずと上がるはずです。

なぜ、このキャラがいいと思うかはいくつか理由があるのですが、皆さんにも”40歳過ぎたおじさんが20代前半の私にたった1時間で10万(結果的には15万)払う理由はなんだろう?”と考えてみて欲しいのですが…

[おじさんは若い人に相手にされない→だからお金を使って若い女の子の時間と機嫌を買う(接点を持つ)→ツンツンしている女より可愛らしい清楚(ぶった)女の方が理想]

と私は考えました。

この目の前のおじさんにいかにして好かれようか?多くの金額をもらおうか?そう考えると自然とニコニコしていて話を聞いてくれる素直な女の子像を演じれば良いのだと思いました。

イメージは”同性には嫌われるけど、異性(特に年上のおじさん)に好かれる女の子”です。”あざとい女”(私は嫌いですが…嫉妬です笑)

(※あと!!!キャラクターを演じて会っている方が、女の子自身の精神的にも変なダメージを受けずに済むのでおすすめの方法です!!)

Twitter(ツイッター)のパパ活で1日15万円稼いだ私の体験談

実際に初回の顔合わせで15万円もらった日の話をしようと思います。

パパのスペック

・年齢:45歳
・年収:2000万
・職業:建築会社社長
・印象:普通のおじさん

待ち合わせ場所

池袋駅で待ち合わせしました。人が多いところで待ち合わせるのは必須です。

危ない人だった時、誰もいない裏道よりも人通りが多い場所の方が安全だからです。何度も言わなくてもわかりますよね。

デートの会話

元々Twitterを動かしていた際に『仕送りないし、毎日勉強とバイトがしんどい苦学生』という雰囲気にしていたので、「勉強大変なのか?バイトはどれぐらい入っているのか?どれぐらい稼いでいるのか?」などの普通の会話。

おじさんは自分語りが好きなので、「俺も大学生だった頃は大変だったよ〜」と苦労話が始まります。

そこで真剣に『うんうん』大きなリアクションと真剣な表情で親身に話を聞きましょう。そうすれば向こうは満足です。

パパからもらったお手当金額はいくら?

タイミングとしてはカフェに入って席に着いた後すぐに向こうから渡してきました。

金額はDMで言っていた通り1時間10万で顔合わせだけ…となっていましたが、気に入ってくれたのか封筒のままポンっと15万円くれました。

今もその人とは食事に連れて行って貰ったり、お洋服を買って貰ったり、お小遣いをもらいます。ちなみに、その人以外とは会っていません。
(”私の生活が苦しい時に呼んでくれればいいよ”とのことだったので、給料日前などに「お金ないからご飯ご馳走してください〜」とおねだりしています笑)

Twitter(ツイッター)とパパ活アプリ・サイトはどっちが稼げる?

※ジャンプ先

Twitterでのパパ活のみで稼いでいる人は学生さんで他のバイトなどしていない人で複数のパパがいて月116万円というツイートを見かけた時はあります。

基本私周りの人は、社会人で他の仕事をしながら、学生で他のバイトをしながら、といった人が多く(私も塾講師や家庭教師のバイトをしています)そうなってくると時間も限られてしまうので、”パパは1人”、”たまにディナーを御一緒する”(苦学生ではいったことないような一見さんお断りの会員限定のお店など連れてってくれます)という形で『1回10万』、その月の空いてる暇な時間によります。

また誕生日の時は現金10万円程度をでプラスくれて「好きなもの買いな〜」と言ってくれるのでお金が貯まります。

教科書も医学部のは他の学部に比べて高額なので、「教科書代として使ってもいいし、好きなもの買うお金もないだろうから」とまた別途で10万円くれたりもします。

私は親からの仕送りなしで授業料や教科書代、家賃に生活費をバイトで賄っていることはパパは知ってくれているので、プレゼントを”モノ”でくれるというよりは”現金”でくれます。

「これで生活費の足しにしても良いし、お洋服とかコスメとか買いたいだろうからそれに使っても良いし」といってくれるのでとても良い人と巡り会えたなと思います。

多分私がバイト全部辞めて、今のパパからのお金だけで生活するとなると週2回は会って、土日のどちらかも会う…となると100万ぐらいはいけるのかと思います(お買い物の際は欲しいもの買ってあげるよ!となるのでプレゼント代が含まれての100万です)

授業料も払ってあげるし、家賃も払ってあげると言ってくれているので、実際はもっとお金はもらえるのかと思います。(それは流石に断りましたが…)

お互いにパパとしてあっている人も1人、お金をあげる女の子も1人となると使ってもらえる金額が多くなるので良パパを1人だけにするのがおすすめです。(男性側も自分だけ!というのが嬉しいポイントでもあるので)
 

Twitter(ツイッター)でのパパ活(p活)は危険?安全にパパ活する方法

Twitterは今や皆さんの身直にあるSNSでとても便利ですが、注意して欲しいポイントが何点かあります!!

アカウント凍結の可能性がある

露出の多い画像を載せていない限り、特に凍結はされないと思います。

現に裸の画像を載せている裏アカ女子のアカウントも凍結されていないので。

身バレ・特定されることがある

”顔写真を送って”と言われても送らないようにしましょう!また、その他個人情報も記載しないようにしましょう!

例えば”スタバの新作”と学校や職場の近くのスタバで購入し写真付きでツイートをした時、周りにモザイクやぼかしを入れていれば良いですが、周りの景色からどこだか特定できてしまうのです。

これは全てのTwitter利用者に言える話ですが、わきの甘い人だと特定しようとすればできてしまうと思います。

私は、身分も年齢も名前も全て偽っていましたし、身バレしないように画像は何一つ載せませんでした。

※私はお会いする時身分を証明するもの(免許証・保険証・学生証・その他名前が書かれているポイントカードなど)は持って行かないようにしています。

相手パパの素性が分かりにくい

何もツイートしていない・アイコンも登録されていない人多いです。

そのためツイートから相手の情報を得ることは不可能でした。

DMでのやり取りが全てでしたし、それも本当かどうか…(一応お相手の顔写真は送ってもらいましたよ!必須!)

ここに関しては相手の素性がわかりにくいが故に、危険と言われています。なので相手の顔写真はもらってください(こちらは送らなくて良いです!)

だから、私も身分を偽っていました。Twitterなんて信じていい情報はないと思っていた方がいいです。

また、相手のツイッターの過去の情報をとにかくくまなく見るようにしましょう。

ツイートが多くて(RTではなく)日々のツイートや趣味や私生活などがわかる人と会うようにしましょう。

リスクなし!安全にパパ活するならアプリ・サイトがおすすめ!

パパ活は正直リスクはあります。女性であるという性的なものを売り物にしている時点で100%安全だと言い切れません。

Twitterでのパパ探しも、私はたまたま声がかかっただけで、その人もアイコンがなかったり、日々のツイートがなかったりと最初はとても怪しかったです。

と考えると、アプリでパパ探ししたほうがTwitterよりも安全に探せるのではないかと思います!!

アプリは免許証等の顔写真付きの身分証明書の登録をしなければ使えないので、確実性や安全性を求めるとアプリの方が良いと思います。

Twitterなんてすぐにアカウントを作れるのは良いところですが、その分すぐに消せてしまいますしね…。
 

Twitter(ツイッター)でのパパ活(p活)事情まとめ

最初は、顔合わせも兼ねてお食事やデートのみといった流れが良いと思います。”最初から肉体関係を持つ”となると、実際に会った時に嫌だなと思っても事前に約束してしまってるし…となるので。
(とはいえ、本当に危険を感じる相手だった場合、イヤイヤ関係を持たずに”生理になった”とか”急用ができた”とか嘘でもついて自分の身を守ることは大切です。)

もちろんその分の金額は返さなければなりませんが、そういう理由も含めて、最初は顔合わせや食事・デートのみといった流れが良いでしょう。

相手の男性もまともにパパとして関係を続けたいと思っているのであれば、最初からホテルに行こうとしないはずです。
(女性側が最初から肉体関係を持つという金額やその日の予定の提示をしていない限りですが。)

まとめ
  • パパの見つけ方
    SNSやマッチングアプリを使おう。
    (マッチングアプリも同じような目的を持っていそうな人が利用しているものを使いましょう!)
  • デート代は基本的に男性持ち
    女の子はその日のためにお洋服やメイク、ヘアスタイルなど様々なところにお金をかけて準備してきます。なので基本的に男性側が払ってくれます。
  • お手当は最初に渡す・貰う
    信頼関係を崩さぬよう、お金のやり取りが生じる関係なので最初に渡し、女性も最初に金額を確認しましょう。封筒に入っている場合も一言断りを入れて元々提示されていた金額と同じか確認しましょう。
  • お手当の金額について
    最初に交渉した金額がその後も続くものだということは念頭において交渉しましょう。また、都会でも地方でもそれぞれ下限は同じようなものなので、上限にバラツキがあるということも考え、男女とも交渉して金額の提示をしてください。