ギャラ飲みとパパ活の違いを比較!稼ぎやすさを経験談を踏まえて紹介

ギャラ飲みとパパ活って似ているけど実は違うのをご存知でしたか?

違うものなのは知ってるけど、具体的に何が違うかは把握していない人が多いのかも。

今回はギャラ飲みとパパ活の違いを解説した上で、どちらが稼げるのかを記事にしてみました!

ギャラ飲みすべきか、パパ活すべきか迷っている人は是非この記事を読んで自分に向いてるのがどちらかを考えてみましょう!

 

ギャラ飲みとは?パパ活との違いも

ギャラ飲みはギャラをもらって飲み会に参加することです。

そしてパパ活はお手当をもらってデートするもの。

似ていますが、出会い方から内容までしっかり調べると結構違うんですよ。

それぞれの違いを見ていきましょう。

ギャラ飲みとパパ活の違いは何?

ギャラ飲みとパパ活の違いを出会い方や報酬形態などに分けて解説していきます。

出会い方

まず出会い方ですが、ギャラ飲みもパパ活もアプリなどで出会うのがメインです。

ただし人数が違い、パパ活は1:1でデートをしますが、ギャラ飲みは複数人の飲み会に参加する・または1:1で会うなど種類があります。

報酬形態

ギャラ飲みはギャラ飲みアプリを通してギャラをもらいます。

個人主催のギャラ飲みに参加した場合は主催者から直接もらうことがありますが、基本的には運営さん経由。

しかしパパ活はアプリはあくまで出会いの場なので、報酬に関しては関与していません。

パパ活はパパが直接あなたにお手当を渡します。

男性の年齢層と職業

次はパパ活とギャラ飲みそれぞれの男性の年齢層と職業について説明します。

男性の年齢層

ギャラ飲みの男性の年齢層は30〜40代がメインですがパパ活は40〜60代まで幅広いです。

ギャラ飲みは合コン感覚で利用できて手頃なので、若い人が多め。

反対にパパ活は既婚男性が愛人探しをしているのが走りになっていることから、40代以上の男性が多いです。

男性の職業

ギャラのみの利用者とパパ活の利用者層は似通っています。

どちらも年収が高くないと利用できないので、経営者・弁護士さんが多いですね。

ギャラ飲みは経営者・役員・サラリーマンさんが多く、パパ活は経営者・役員の他の弁護士・お医者様が多いでしょう。

パパ活の方が女性に払う金額が多いことから、パパ活男性の方が高年収なことが多いです。

男性との関係性

ギャラ飲みはホステスさん的な立ち位置であり、あくまで飲み会に呼ばれたキャストとして立ち振る舞います。

しかしパパ活は疑似恋愛の関係なので、男性との距離感はよりプライベートで近いです。

エッチなど大人の関係性

ギャラ飲みはあくまで飲み会に参加するのが仕事なのでエッチな関係を持つ必要はありません。

まれに1:1の飲み会で延長料金をつけてもらってエッチまでしている子がいますが、強制されることはないです。

パパ活は疑似恋愛なので男性側も体を求めてくることがほとんど。

プライベート感覚が強いので、大人の関係は求められやすいです。

難しさ(難易度)

次はギャラ飲みとパパ活の難易度を比べていきましょう。

私はハッキリ言うと初心者さんにはギャラ飲みの方が稼ぎやすいと思います。

案件に参加申請して承認されれば、絶対に時給分はもらえるからです。

交渉の必要がないので、パパとお手当の話し合いが不要です。

また複数人の飲み会の案件は随時アプリに送られてくるので、会いやすいのも特徴。

パパ活は交渉次第で1回のデートでたくさんお手当がもらえますが、結局のところオファー数が少なければ稼げません。

それにお手当の交渉も自分でしないといけないので、ギャラ飲みから入ったほうがやりやすいでしょう。

リスク面について

パパ活にもギャラ飲みにもリスクがあるので、どちらがリスクが高い・低いかを比べてみましょう。

未払い

報酬の未払いリスクは圧倒的にギャラ飲みの方が低いです。

パパ活は男性がお金を払わないで逃げる食い逃げ・やり逃げ詐欺のリスクがあります。

個人間のやり取りでお金を管理するのが当事者同士なので、未払いリスクはパパ活の方が高いです。

妊娠

妊娠のリスクは圧倒的にパパ活の方が高いです。

大人の関係を求められることが多く、エッチありの方がお手当が高いためエッチを了承する女性がほとんど。

結果的に妊娠してしまうリスクも高くなる訳です。

飲食店の個室でレイプされそうになったパパ活の危険な話はこちら
パパ活の危険な体験談と対処!最も安全にたくさん稼げるアプリ・場所も

パパ活で妊娠してしまった体験談はこちら
パパ活で妊娠した体験談!伝え方や慰謝料を対処方法と共に紹介

不倫

パパ活の方が不倫関係に発展しやすくなります。

前提が疑似恋愛ですし、パパ活の先には愛人契約があるからです。

パパ活世代は40代以上という年齢層からも既婚者が多く、体の関係を持てば不貞行為に当たります。

ギャラ飲みはビジネスライクな関係のため、飲み会で出会った人と個人的にパパ活関係になる、または恋愛に発展しない限りは不倫にはならないでしょう。

 

お手当の相場をパパ活とギャラ飲みで比較

次はそれぞれのお手当相場でパパ活とギャラ飲みを比較してみましょう。

難易度と総合してパパ活とギャラ飲みのどちらが合っているか判断しましょう。

ギャラ飲みの相場

まずはギャラ飲みの相場を紹介していきます。

時給

まずギャラ飲みの時給相場は4,000〜5,000円程度です。

1:1のギャラ飲みは時給を自分で決められるのですが、だいたい皆さん5.000円くらいに設定してます。

さらに延長がもらえれば時給が1.3倍になるなどのインセンティブもつきますよ。

指名

ギャラ飲みで指名をもらうと、1回の飲み会で1,000〜2,000円程度のインセンティブがもらえます。

日給

ギャラ飲みは1回2時間程度の飲み会がメインなので、だいたい8,000〜10,000円稼げる計算です。

指名がもらえたらプラス1,000〜2,000円など、プラスになっていきます。

パパ活の相場

次はパパ活の相場を紹介していきます。

顔合わせ

まず初回の顔合わせの手当は0〜5,000円が相場です。

1時間程度で5,000円なのでギャラ飲みと相場は変わりませんね。

食事のみ

食事のみの場合は1回2時間の食事で5,000〜10,000円が相場です。

パパ活には都度払いと定期払いがあるんですが、食事のみの場合は相場はさほど変わりません。

週1回会う契約で3〜5万円なので、1回に計算し直すと相場は5,000〜10,000円程度です。

大人あり

大人の関係ありの場合は、1回3〜5万円が相場になります。

エッチはだいたい1〜2時間くらいなので、ギャラ飲みと比べると時給的には圧倒的にエッチありのパパ活の方が高くなりますね。

ただリスクもあるので、エッチしたくない人にとっては食事のみ・ギャラ飲みの方が合っているでしょう。

 

ギャラ飲みとパパ活、結局どっちが良いの?

ギャラ飲みとパパ活どちらを選ぶかは、双方のメリットとデメリットを比較してからのほうが良いと思います。

パパ活のメリット・デメリット

まずはパパ活のメリットとデメリットを紹介します。

パパ活のメリット

メリット1 定期契約が結べる可能性がある

パパ活は元々愛人関係のライト版として始まりました。

そのため今も定期契約と言って、月額10万円で月に2回エッチするなどまとめ払いでお手当がもらえる場合があります。

定期契約なら仮にパパと会えなくてもまとめてお手当がもらえるため生活が安定しやすいです。

メリット2 大人の関係を持てば1回のデートでかなり稼げる

パパ活は食事のみならギャラ飲みとそう時給相場は変わりませんが、大人の関係だと1回3〜5万円が受け取れます。

女性のレベルによっては一晩10万円なんてこともあるんです。

ギャラ飲みも時間延長してもらえれば3万円くらいは行く可能性がありますが、10万円稼げるのはかなりのハイレベルのキャストだけ。

一度に稼げる額としては、エッチありのパパ活はかなり高いでしょう。

メリット3 プレゼントを買ってもらえるなどお手当以外のメリットがある

パパ活は疑似恋愛なので、誕生日やホワイトデー、クリスマスなど折に触れて好きなものを買ってもらえます。

またイベントがなくても買い物デートで欲しかったブランド物が手に入ることもあるでしょう。

お手当の他にも男性から直接的な支援を受けられるのはメリットです。

パパ活のデメリット

デメリット1  既婚者が多く不倫になりやすい

パパ活世代の男性は40代以上の既婚者がメインで、不倫関係になりやすいです。

大人の関係を持ったら不貞行為に当たるので、配偶者にバレたら慰謝料請求の対象になります。

既婚者が多く、また関係が密な分トラブルのリスクがあるのはデメリットです。

デメリット2 大人の関係を望まない人にとってはストレスになる

パパ活している男性の9割くらいはエッチ目当て、つまり大人の関係を望まない人にとっては精神的にきついでしょう。

食事だけで会ってくれるパパが見つかるまで時間がかかるので、すぐにお金が欲しいけどエッチは嫌という人には向きません。

デメリット3 食事のみだとお手当が安い可能性がある

パパ活は食事のみのお手当が5,000〜10,000円です。

10,000円だとするとギャラ飲みの相場と同じくらいですが、万が一1回の食事が5,000円だと時給にして2,500円の計算。

時給にして考えると食事のみのパパ活は思ったほど稼げない可能性があるでしょう。

ギャラ飲みのメリット・デメリット

次はギャラ飲みのメリットとデメリットを紹介します。

ギャラ飲みのメリット

メリット1 金銭トラブルが少ない

ギャラ飲みは男性が運営に料金を支払い、運営経由で女性に報酬が振り込まれます。

パパ活のように直接金銭のやりとりがないのでトラブルは起こりません。

お金がもらえなかった!なんてこともないので安心感があります。

メリット2 大人の関係を求められづらい

ギャラ飲みは運営さんが間に入っているため男性も下手に手を出してきません。

複数人の飲み会は合コン感覚だし、1:1のギャラ飲みであってもエッチしようと誘ってくる人は少ないです。

パパ活と比べて飲み会が前提になっているので、健全に稼げます。

メリット3 交渉がないので初心者でも利用しやすい

ギャラ飲みは複数人飲み会に参加する場合は時給が予め決まっています。

また1:1の飲み会の時も自分で事前に時給を設定してプロフに表示、男性はそれを承諾する形で飲み会が成立する仕組みです。

交渉の必要がないので初心者さんは利用しやすいでしょう。

ギャラ飲みのデメリット

デメリット1 地域によっては案件数が少ない

ギャラ飲みは東京以外では大阪や名古屋などの都市部に案件が多いです。

徐々に全国的に案件が増えていますが、田舎の方にはほぼ案件がありません。

そのため地方に住んでいる人はアプリに登録しても、参加できる地域でギャラ飲みがない可能性があります。

デメリット2 面接が厳しい

ギャラ飲みアプリはかなり面接が厳しく、審査通過率が5〜10%と言われています。

見た目の他に社交性などもチェックされるため、かなりの難関です。

もちろん中には審査なしで利用できるアプリもあるのですが、有名どころはほぼ面接がありハードルが高いのが難点。

デメリット3 1:1の飲み会は男性からのオファー待ちをする必要がある

1:1のギャラ飲みは案件の募集が来る訳でなく、男性から指名を受けて初めて成立します。

ほとんどのアプリには女性からオファーする機能がないため、男性が声をかけてくるのを待たないといけないんです。

そのため「複数人飲み会は苦手だから1:1で稼ぎたい」と思っても、指名が来ないと稼げないリスクがあります。

パパ活・ギャラ飲みどちらが向いている!?
  • 東京23区・都市部に住んでる人→ギャラ飲み
  • 食事のみで稼ぎたい→ギャラ飲み
  • 複数人で飲むのが苦手→パパ活
  • 今すぐお金が欲しい!→ギャラ飲み・または大人の関係ありのパパ活
  • 地方に住んでいる人→パパ活

それぞれギャラ飲みとパパ活のやり方を詳しく書いた記事があるので、併せて参考にしてくださいね。

パパ活で私が月に50万稼いでいるやり方はこちら
パパ活の安全なやり方!簡単に初心者でもお金持ちのパパを見つける方法

ギャラ飲みでも副業で50万稼いだやり方はこちら
ギャラ飲みとは?相場や初心者の気をつけるべき点をやり方と共に紹介

 

ギャラ飲みからパパ活になった体験談

ギャラ飲みもパパ活もやってみたい!という人は、ギャラ飲みからパパ活に持っていくのがおすすめです。

実際ギャラ飲みができる人は経済的に余裕もあるため、パパ活もできます。

私と友人の体験談を3つご紹介しますね。

体験談1

年齢 43歳
職業 経営者
年収 5,000万円以上

WANNAというギャラ飲みアプリで出会ったパパで、経営者をしている方。

WANNAには逆オファー機能があるので私から声をかけて、承諾してもらう形で飲み会を設定しました。

当時の時給は5,000円で、2時間で10,000円のギャラをアプリからいただいたんです。

話していたらすごく良い人だったらしお金持ちっぽかったので、私から連絡先を聞いて個人的にやりとりしました。

しばらくプライベートでLINEして「また飲みにいきましょうよ」と伝えたら、「アプリから誘ったほうが良いかな?」と相手から聞いてきたんです。

チャンス!と思ったけどまず私とのデートにお金がかかることを教育するためにアプリでリピートしてもらうことに。

3回くらい指名でリピートしてもらい、最終的に「運営さんにお金が行っちゃうから、良かったら直接ギャラ飲みしよ!」と言いました。

パパ活って言葉はあえて使わず相手が引かないように注意したら、「それ面白いね!」と言ってくれてパパ活に。

今も1回の飲み会で1〜2万円くらいで会ってます。

体験談2

年齢 53歳
職業 会社役員
年収 2,000万円

次は複数人のギャラ飲みで出会った53歳の男性のお話。

この男性が主催した飲み会に参加して、私のトークが気に入ってもらえたらしく何度もリピートで複数人飲み会や個別で呼んでもらえていたんです。

3回目の指名の時に連絡先を交換して雑談の中で「私元キャバ嬢なんですよ、パパ活もしてました」とジャブ。

この男性はパパ活経験があるみたいで「あ〜そうなの!じゃあパパ活の方が稼げるんじゃないの」と乗ってきてくれました。

そこで「分からないですけど、ギャラのみは運営に手数料取られるからそこは嫌ですね」と伝えてみたんです。

パパは「どれくらい取られてるの?」と聞いてくれて、2割と答えたら「じゃあその2割あげるからプライベートで飲もう」と言ってもらえました。

1:1の時はパパ活、複数人で飲むときはアプリ経由にしてくれているので、かなり稼げてます。

体験談3

年齢 36歳
職業 会社員
年収 800万円

最後はギャラ飲みで出会ったサラリーマンの男性との体験談です。

彼から指名を受けて1:1の飲み会へ行き、2時間くらい食事とお酒を楽しみました。

顔がめっちゃイケメンで、なぜギャラ飲みでお金を払って女性と飲んでるか不思議なくらい。

要は独身主義でヤリチンなので、女の子と付き合えないらしいんですけどね。

その彼から延長料金を払うのはもったいないから、ギャラ飲みは終わり、お小遣いをあげるからホテルへ行こうと誘われました。

お手当は1回で3万円、安いけどイケメンだし!と思って了承してその後セックスへ。

男性がからお小遣いを提案してくれることもあります。

 

ギャラ飲みからパパ活にした方法

ギャラ飲みからパパ活にした方法をご紹介します。

連絡先を聞く

まず大事なのはギャラ飲みで出会った人と連絡先を交換することです。

複数人の飲み会の時は幹事が狙い目、幹事が自分以外と気に入ってる場合はあなたを気に入ってる人と交換してください。

1:1の場合はすでにあなたを気に入って指名しているので、連絡先交換は簡単にできますよ。

何度かアプリで指名をもらう

いきなりパパ活に持ち込むのはがっついている感じがするし、相手も不快になる可能性があります。

私は「私と会うにはお金がかかる」ことを教えるために、あえてアプリで何度か指名をもらうんです。

アプリ内で指名が増えれば私の評価も上がる、パパも私と会う時にお金を払う習慣が付きます。

目安としては3回くらいかな?3回は指名をもらいましょう。

運営に手数料を取られていることをさりげなく愚痴る

3回くらい一緒に飲んでいると、結構仲良くなれるはずです。

私は「ねえねえ!ぶっちゃけこのアプリに男性っていくらくらい払わないといけないの?」と質問します。

男性は女性の時給+運営さんの利益を払っているので、結構高額を払っているんです。

男性が答えたら「えー!そんなにかかるんだ。いつもありがとう」と伝えましょう。

この流れで自分の時給について話して、「じゃあ〜割くらいは運営さんに払ってることになるんだね」と話をつなぎます。

すると男性が本気かどうかは置いといて「それなら〇〇ちゃんに直接全額渡した方が良いわ」と言ってくるので、「ほんと!じゃあ今度からそうしようよ」とパパ活に持っていきます。

コツはパパ活をいう言葉を出さない、愚痴の延長戦で男性からお金を払う方向に持っていくことです。

万が一断られたらアプリ上で指名をもらい続ければ良いので、失敗してもデメリットはないですよ

お手当の額はアプリと同額にしておきましょう!

 

ギャラ飲みのリスク

ここまで説明をしてきましたが、ギャラ飲みは金銭面では安心です。

しかしお酒+男性と一緒にいることで、リスクはもちろんあります。

事前に危険性と対処法を知っておき、対処ができるようにしておきましょう。

お酒をたくさん飲まされる

お酒が飲めない方は注意して欲しいのですが、ギャラ飲みの場によってはお酒を強要されたりたくさん飲まされます。

テキーラのショットの一気大会になったり、女の子をベロベロにさせてお持ち帰りを狙う人もいるんです。

「お酒飲めないんです」というのは気がひけると思いますが、弱い場合ははっきり伝えた方が良いでしょう。

それでも強要する場合は運営さんに連絡を。

お酒が苦手な人は40代以上のお堅い職業(税理士さんとか弁護士さん)の人の飲み会は比較的のんびりしていて、お酒を強要するような飲み方がなくて居心地が良かったです!

お持ち帰りされる

ギャラ飲みは大人の関係を前提としていませんが、下心ありの男性はいます。

合コン感覚で飲み会の後にギャラ飲みのキャストを持ち帰ってエッチできるって思ってる人がいるんです!

はっきり断って帰宅して良いですし、しつこくされたり無理にホテルに行かせようとしたら規約違反なので運営さんに通報しましょう。

大人の関係を持つ必要はありません。

身バレ

ギャラ飲みアプリに知り合いが登録していて飲み会の場で鉢合わせるリスクはあります。

アプリ上でプロフを見られて身バレの可能性もあるでしょう。

既婚者や副業で副業でギャラ飲みする場合は顔出し無しでプロフを作ると身バレを防げます。

不倫の可能性

ギャラ飲みで出会った男性とエッチしてしまう、またはパパ活に持ち込んで大人の関係を持つことはあります。

相手が既婚者の場合は不倫、つまり法律で言う不貞行為に当たるので注意してください。

万が一奥さんにバレたら慰謝料を50〜100万円請求されるので、既婚者と関係を持つ場合は自分との連絡の証拠を消してもらうなど対策しましょう。

 

ギャラ飲みのおすすめアプリ

ギャラ飲みに利用できるおすすめのアプリを3つ紹介します!

初心者さんでも使いやすくて、男性の質が良い稼ぎやすいものを選びました。

ギャラ飲みアプリ No,1 pato

引用元:pato

会員数 40万人以上
年齢層 男性:30〜50代
女性:20代〜30代前半
利用目的 ギャラ飲み
パパ活
男女比 9:1
運営会社 株式会社キネカ

patoは審査が厳しいものの、スタート時給4,000円〜と高待遇なギャラ飲みアプリです。

案件数がかなり多いので、すぐに稼ぎたい人は面接さえ通過できればかなり稼げます。

男性の質も良いし、お金持ちが多く、ソロマと同じく個パトというシステムを使ってパパ活みたいにも使えますよ。

ギャラ飲みアプリ No,2 aima

会員数 10万人以上
年齢層 女性:20〜30代
男性:30〜50代
男女比 4:6
対象地域 関東中心
(全国展開中)
利用目的 ギャラ飲み
パパ活
運営会社 株式会社ゲート

aimaは面接なしで登録できるギャラ飲みアプリです。

つぶやき機能という掲示板があり、そこからゲストの男性に直接いいね!をしてアプローチができます。

plumと同じように複数のみ・ソロマ(1:1)・オンラインソロマ(オンライン飲み会)が選べるし、LINE連携でLINE通知も来るので使いやすいですよ。

私はaimaで太パパを見つけてパパ活に持ち込んだこともあるのでおすすめです♪

aimaは関東で使うのには案件もあるし、程よくゆるくて良い感じ♪飲み会の主催者も良い人が多いし、お酒強要とかもなくて安心です。
男性に直接アプローチができるアプリはあんまりないので、そこが気に入っています。いいね!したらそこからメッセージに繋がるケースも多く、ソロマにつなげやすいです。

ギャラ飲みアプリ No,3 WANNA

会員数 非公開
年齢層 男性:30〜50代
女性:20代〜30代前半
男女比 9:1
対象地域 関東中心
利用目的 ギャラ飲み
パパ活
運営会社 株式会社SHS
所在地 東京都新宿区西新宿7丁目10−7 加賀谷ビル 9F

WANNAは一番機能面が充実しているアプリです!

リモート・オンライン飲み会・複数人のギャラ飲み、1:1の飲み会、さらに自分から飲み会の募集を立てる逆オファー機能あり!

飲み会のオファー数を稼ぎやすく、指名本数を増やせるので私は最高で月間20本くらいオファーをもらえました。

フィギュアという分かりやすい形で昇給するので、他のアプリのように「いつ時給上がるんだろう?」と思わなくて良いのも使いやすいです。

給料の仕組みがわかりやすくて、やる気が出る。運営さんも親切で初心者の私でも使いやすかったです。
逆オファーができるからただ待ってるだけのアプリより全然稼げる。今月は40万円稼げて、本業の収入を超えました。

年齢別・経験別(初心者など)のおすすめパパ活アプリ一覧
目的別|パパ活のおすすめアプリを年齢やお手当の相場ごとに紹介!危険なアプリの特徴も

私が使っているおすすめギャラ飲みアプリはこちら
女性用|1番会える高時給おすすめギャラ飲みアプリ一覧を使用感や各特徴と共に紹介!