パパ活で女性は何歳から何歳まで?年齢別の報酬額とおすすめアプリ

パパ活に励む女の子って、若い子が多いイメージ、ありませんか?

パパ活女子は10代~20代の若い女子がほとんどなのかと思いきや、30代以上の大人の女性でもうまくターゲットを絞って上手にパパ活で稼いでいる方がたくさんいます!

とはいえ、女の子の年齢によってお手当の相場や戦い方にも差が生まれるのが現実。

「私の年齢でもパパ活需要あるの?」「一体私の年齢だといくらくらい貰えるの?」と気にしているあなたのために、この記事では、多数のマッチングアプリとパパ活サービスを使い倒してきた立場から、年齢別の報酬額年齢別のおすすめパパ活サービスについて紹介します。

これからパパ活を始めたい方向けにパパ活アプリでパパを探す手順についても画像付きでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!

パパ活は何歳から何歳まで出来る?

パパ活は何歳から何歳まで可能なのか、パパ活女子の年齢にいて、紹介します。

パパ活ができるのは何歳から?JKや未成年について

パパ活が始められる年齢は、18歳以上です。

ただし高校生はNGです。
JKの皆さん。パパ活はひとまず高校卒業まで待ってから、スタートすることをおすすめします。

基本的には20歳以上、成人してからのパパ活がより安心です。

女の子は若ければ若いほど人気なんじゃないの?と思った方もいるかもしれませんが、

「18歳未満の女性とパパ活目的で会うということ」は、男性(パパ)側からしてもリスクの高い行為です。

18歳未満の女性と成人男性の組み合わせの場合、何か起きた時は大人である男性に全面的に責任が発生するため、社会的に責任を背負っている大人の男性(パパ)は何か起きた場合のリスクを考え、若すぎるパパ活女子を嫌がることも多いです。

また、パパ活アプリや一般的なマッチングアプリを利用する場合、18歳未満だとそもそもアプリに登録することができません。

そのため18歳未満の方がパパ活をするとなると、SNSなどで相手を募集する、知り合いをパパにする、などの方法でパパを探すことが考えられます。

しかしアプリやマッチングサービスを利用する場合と違い、個人でのパパ活は安全面のサポートが全くない状態になります。

近年はさまざまなパパ活アプリが普及し、安全にパパ活を楽しむ方法はたくさんあります。

そんな中で男性側からしてもリスクの高い未成年女子をあえてSNS上で狙ってくる男性は「極度のロリコン」であったり、なんらかの事情で正式なパパ活アプリに登録ができない、など、危険な男性である可能性も高いです。

サービスを介さずに個人でパパ活をするのは非常に危険な行為です。

パパ活をする際は安全なサービスを利用し、個人で活動することは絶対にやめましょう。

パパ活ができるのは何歳まで?年齢制限について

パパ活には年齢の下限(18歳未満)は設定されているものの「パパ活は〇〇歳まで!」というような年齢の上限は設定されていません。

物理的には何歳まででもパパ活ができることになるわけですが、現実的に考えて何歳くらいまでならパパ活が可能なのでしょうか。

パパ活を行っている女性たちの多くは、男性からの需要が多い20代、30代の女性たちです。

40代の女性も、20代30代と比較して数は減るものの、パパ活で稼いでいる方はいます。

しかし50代女性だと、パパ活市場で需要はあるのでしょうか。

結論から言って、パパ活に年齢制限はないので、もちろん50代でもパパ活をすることは可能です。

しかしパパ活では男性は基本的に自分よりも若い女性を相手にする場合が多いので、女性側が50代以上ですとパパ活の相手となる男性の人数も少なくなります。

一般的なマッチングアプルであれば高めの年齢層をターゲットにしたサービスもあり、年齢の高い女性も活動しやすいのですが、パパ活の場合は50代以上だと活動しにくくなりそうです。

50代以上でもパパ活をしている女性はいますが、稼ぐとなると実際厳しいというのが実情となります。

ここからは気になるパパ活の「お手当(女の子がパパからデートなどの見返りとして受け取るお金)」の相場について紹介します。

パパ活の年齢ごとの相場

ここからは、パパ活のお手当相場について紹介します。

パパ活女子なら一番気になるのは、やっぱり「お手当」ですよね!

お手当がないなら普通に気になる人とデートしたい訳で、わざわざ対して興味もない男性(パパ)とデートに行く理由は「お手当が欲しいから!」これに尽きます。

パパ活でパパたちから頂けるお手当の額は「デート内容」「女の子の年齢」「女の子の魅力」「デート時間」「パパの年収」「地域」など、様々な要素で変わってきます。

そしてやはり「年齢」は価格を左右する上でかなり重要な指標になります。

また、定期的にデートする場合のお手当(月極で値段が決まっていることもあります)と、スポットでその都度デートするのでも「お手当」に差が見られます。

ここではデートの内容別で、女の子の年齢ごとのパパ活の相場についてまとめて紹介します。

※下記で紹介している相場は、東京でのデートを想定しています。

福岡や名古屋など、地方都市でパパ活をする場合の相場は、若干低めになる可能性があります。

【顔合わせ編】年齢別の相場

パパ活初回、「顔合わせ」と言われる初回デートの際のお手当の相場について、年齢別で紹介します。

お手当相場
10代 無料~15000円
20代 無料~15000円
30代 無料~10000円
40代 無料~5000円

初回デートの場合、それっきりで終わりの関係(都度)になるのか、その後定期的な関係(定期)になるのかが定まっていない場合がほとんどです。

そのため、「都度」と「定期」で金額に差がない状態となっています。

10代〜20代であるとパパ活市場では需要が高い年齢層となるため男性(パパ)側からしても「会えるだけでも嬉しい!」 となり、初回に会うだけでも高額なお手当をが望めます。

逆に30代、40代の女性となると、「初回の顔合わせで気に入られ、その後”定期”に持ち込めるか」が勝負になります。

初回から「お手当欲しいです!」をアピールするよりも、一旦は気に入られることに全力を注ぐ方が、後々女性側にとって得な場合があります。

また10~20代の女性でも、モデルやアイドルなど容姿が優れていたり肩書きがあったりする場合も、大きな武器になりますので目一杯アピールしましょう。

会う前に肩書きを事前アピールしておくことで男性側の期待値を高め、初回からお手当を弾んでもらいやすくなります。

あなたの魅力が十分伝わるように、プロフィールはしっかり作り込みましょう!

【食事のみ編】年齢別の相場

「食事のみ」と言われるご飯だけのデートの際のお手当の相場について、年齢別で紹介します。

お手当相場(都度) お手当相場(定期)
10代 ~30000円 ~100000円
20代 ~30000円 ~100000円
30代 ~20000円 ~50000円
40代 ~10000円 ~30000円

食事のみのデートの場合、全体的な相場はおよそ10000円~30000円ほどです。

パパ活のお手当の仕組みは、「都度」と「定期」の2種類に大きく分けられます。

「都度」とは、「その都度お手当支給してもらう」の意味になります。

会うたびにデートの内容や時間によってお手当の額も変動するので安定的な収入が見込みにくい一方、パパとある程度の距離を保った関係性でいやすいというメリットがあります。

「定期」とは、「月額固定制いくら、というように一括でお手当をいただき、定期的に会う」という意味です。

定期的に会うことを求められるので、パパとの距離感がかなり近くなりますが、その一方で都度と比べて安定した固定収入が見込めるというメリットがあります。

「都度」と「定期」でお手当の金額感には差が出るため、以後は「都度」と「定期」を分けて紹介します。

食事のみデートの内容としては、下記のような流れになります。

  • 会う
  • 1~2時間程度、お茶やランチ、ディナーをする
  • そのまま解散(軽い買い物など、デートを希望されることもあり)

基本的に、食事のみデートを求めている男性(パパ)は少ないです。

最初から「食事のみ希望」をアピールしすぎてしまうとパパからのお誘いが減ってしまうことがありますので、「まずは食事のみからお願いします」「楽しくお食事ができると嬉しいです」などのアプローチに留めておくと無難です。

スポット(都度)の場合

10代〜20代前半の女性の場合、40代以上が中心となる男性(パパ)とは年齢がかなり離れた状態となります。

男性(パパ)としても、「普段あまり関わる機会のない若い女性とデートができる」というところに価値が発生するため、軽い食事でも30000円ほどを稼ぎ出すことも十分可能です。

あまり会話が得意出なかったり、パパ活に慣れていない女の子でも「若く、初々しく、フレッシュ」であれば食事のみデートでもかなり、稼ぐことができます。

30代以上の場合は男性(パパ)も普段から関わる機会がある程度あることが想定されるので、お手当の額は10~20代と比較するとどうしても低めになる傾向があります。

定期の場合

食事のみでの定期デートは、パパ活市場だとあまり多くないケースのようですが、女の子によっては複数のパパと「食事だけの月極契約」を結び、かなりの額を稼ぎ出す子もいます。

また月極の場合、年齢以上に「女の子のレベル」「男性の経済力」「会う頻度」によってもお手当の額はかなり大きく異なり、20代以下の場合は1ヶ月~10万円ほど、30代以上だと~5万円ほどが目安となります。

見た目を美しく保ち、相性のいいパパを探すことでお手当の額を引き上げるのを目指すといったパターンが王道です。

「食事デート」でお手当をいただく場合、男性側(パパ)が「食事をするだけで価値がある!」と感じられるだけの魅力が必要です。

特に定期の関係に持ち込みたい場合は、互いに長く関係を続けやすい、相性のいいパパと出会うことが大切です。

見た目レベルの高い女子の場合、食事のみデートでも時給1万円以上を狙えるので、お手当の交渉力も重要です。

まずは「ちょっと高望みかな?」くらいの値段を提示して男性側の反応を伺い、自分が最も効率よく活動を進められる落とし所を探りましょう。

【大人あり編】年齢別の相場

「大人あり」のデートの場合のお手当の相場について、年齢別で紹介します。

最終的にはここを求めている男性(パパ)が多いこともあり、お手当の相場は「大人なし」の場合と比較しても、かなり高水準になっています。

お手当相場(都度) お手当相場(定期)
10代 3~5万円 20万~40万
20代 3~5万円 20万~40万
30代 2~5万円 10~30万円
40代 2~5万円 10~30万円

パパ活をしている女性の中で、身体の関係ありでパパ活をしている女性は約50%と言われています。

しかし女の子側からすると身体の関係を伴ったパパ活にはリスクもあります。

希望するお手当とご自身のリスクを考慮し、ご自身の対応の方針を決めることをおすすめします。

スポット(都度)の場合

10代、20代の都度の相場は〜5万円ほどです。この価格はあくまでも相場であり女の子によって差が見られますが、平均だとこのくらいが相場になります。

女性が若い年齢で大人あり対応可能な場合、ごく普通の女性でもパパがとても見つけやすくなります!

「お金も欲しいけれど何より年上の素敵な男性と出会いたい」という場合、普段は出会えないようなデキる素敵な大人の男性との出会いの幅がグッと広がるかも!?

女性の年齢が高めであっても楽しく優しく大人対応ができる女性はパパたちから喜ばれるので、女性側が歳を重ねてもお手当相場が大きく下がりにくく、新規のパパも見つけやすくなるでしょう。

定期の場合

定期デートの場合はより「恋人感」が強くなるため、お手当も高くなります。

また1週間に1回は会う場合と2週間に1回の場合だと金額も当然異なるので、女の子もパパも無理せず続けやすい頻度と金額で調整しましょう。

大人なしで割り切ったパパ活をしている場合、「都度」の方がパパとの関係を深くしすぎずに気楽にパパ活ができるというメリットがあります。

しかし夜の対応ありの場合はむしろ「信用できるパパと定期」の方がお手当も安定し、不特定多数のパパと関係を持つよりも安全です。

どちらがいいかは女性の考え方次第なので、自分には都度と定期、どちらが向いているかを考えて稼ぎ方を決めましょう!

パパ活における各年代ごとの女性の魅力とやり方

各年代ごとの女性の魅力に関して記載をしつつ、やり方を説明します。

パパ活における年齢ごとの魅力は?

パパ活において、年齢は非常に大切な指標になります。

20代と30代だと、パパが女の子に求めることも違いますし、女性がアピールできる魅力も変わります。

自分の年齢にあったアピールをすることで、素敵なパパをゲットしましょう!

20代の魅力とパパ活のやり方

20代女子がパパ活でアピールすべきは、清楚な若々しさ、男性慣れしすぎていない初々しさなど、若さ故の魅力!

20代は最も多くのパパ活女子が占めるボリュームゾーンになります。

女性は基本的に若い方が有利ですが、「未成年」ということもあり10代は別。

「未成年は何かあったときが怖いし、ちょっと、、、」といいうパパも多くいますが、20代であれば成人なので安心です。

きちんと大人として認められる年齢なので、相手にも迷惑をかけることなく、心置きなくパパ活ができる。

20代は、いわばパパ活最盛期です!

若くても30代、40代から50代も多いパパたちにとって、会社など仕事をのぞいて20代女子との接点は意外と少ないもの。

初々しい雰囲気はパパたちにとってとても魅力的に映ります。

変に大人ぶったり、男性慣れしていることをアピールするよりも、等身大の自分で素直にぶつかった方が好意的に受け止めてもらえます。

また、「会社でこんなことがあって困っているんです」「社会人の先輩として、こんな時はどうするべきか教えていただけませんか?」など、仕事面でのアドバイスを求めるのも、頼られたいパパたちの男心をくすぐるのでおすすめです。

また20代は前半と後半で見られ方も大きく変わる年代です。

20代も後半になってきたら、ある程度の落ち着きと社会人としてのマナーも意識して、年相応の常識がある女性を意識することをおすすめします。

30代の魅力とパパ活のやり方

30代女性は、20代女子よりも落ち着き、常識など、「きちんとした女性らしさ」をアピールしましょう。

20代は若さと初々しさだけでも十分魅力的ですが、ある程度の人生経験、社会経験があることが前提の30代女性は、「何も知らないウブな女子」よりも「落ち着いて上品な女性」の方が好まれます。

いくら若い女の子は可愛いとは言え、20代前半のキャピキャピ女子とのパパ活経験があるパパの中には、「流石に無邪気すぎてちょっと疲れた」「可愛くても、もう少し落ち着いた女子がいい」など、若すぎる女子に疲れてしまった人もいます。

そんなパパたちが30代女性に求めているのは「ある程度の落ち着き」と「大人の女性としての魅力」です。

30代女性は人生観や将来の目標をある程度プロフィールにも記載し、「将来のための社会経験や相談相手を求めてます」スタンスで攻めましょう!

40代の魅力とパパ活のやり方

40代女性は、今まである程度の人生経験を積まれていますよね。

そんなあなたの経験そのものが、パパ活でも活かせます!

  • 子供がいる
  • 既婚
  • 離婚経験者

など、一見ネガティブに見える経験でも、同じ経験を持つパパたちから親近感をもたれます。

また既に経験豊富な40代女性は、若い女性と比べて「面倒なことにならなさそう」な印象を与えるので、既婚のパパからは喜ばれることすらあります。

また40代であれば、社会経験も男性経験もある程度豊富で当たり前です。

20代女性は「男性経験が少ない」ウブさが好まれることがありますが、40代女性はむしろ「経験豊富」も魅力になります。

「包容力があると言われます!」「男性には尽くしてあげたくなるタイプです!」など、プロフィールでもちょっと色気を感じさせつつ、女性らしさをアピールをするのがおすすめです。

パパ活のやり方

ここからはパパ活のやり方について説明していきます。

パパ活初心者の方でも、この手順に沿って取り組めば、あっという間にパパが見つかるかも!?

初心者におすすめ!出会いやすいパパ活アプリ

今からパパ活を始めたいなら、まずはぶっちぎりで出会いやすいこの3つのアプリから利用するのがおすすめです。

パパ活サービス出会いやすさNo.1

Suger Daddy(シュガーダディ)

出会いやすさ:★★★★★
サービスタイプ:ウェブ
月額料金:女性無料、男性5,980円
会員年齢:女性 20~30代、男性 40~50代
特徴:古参のパパ活サービスで、年収高めの男性が多い。男性の料金が安く男性登録者が多いため、出会いやすさはNo.1
パパ活サービス出会いやすさNo.2

Paters(ペイターズ)

出会いやすさ:★★★★★
サービスタイプ:アプり
月額料金:女性無料、男性12,000円
会員年齢:女性 20代、男性 30~60代
特徴:男女ともにハイレベルの登録者が多い。会員数100万人越え!とにかく登録者が多く、まずは登録したいおすすめアプリ。
パパ活サービス出会いやすさNo.3

Love&(ラブアン)

出会いやすさ:★★★★☆
サービスタイプ:ウェブ
月額料金:女性無料、男性14,800円
会員年齢:女性 20~30代、男性 30~50代
特徴:パパ活サービスとしては後発のため、ライバルの数が少ない。若い男性も多く、男性の質が高め。オンラインでの顔合わせが可能。

登録方法|Sugar Daddy(シュガーダディ)の場合

ここで、アプリを活用したパパ活未経験でも簡単にパパ活が始められるよう、出会いやすさNo.1の「Sugar Daddy(シュガーダディ)」を参考に、パパの探し方を紹介します。

Sugar Daddy(シュガーダディ)は男性の料金が他の人気パパ活サービスと比較してお安めのため、女性の登録者が多いパパ活市場でもマッチ率が高いサービスです。

Sugar Daddyでパパを探すまでのステップはとても簡単!

次の3ステップに従うだけです。

Sugar Daddy登録までの3ステップ
  • 登録
  • メール認証
  • 本人認証

Sugar Daddyのアカウントを持っていない場合は、こちらからSugar Daddyのアカウントを作成しましょう。

「無料会員登録はこちら」をクリックすると、登録ページに遷移します。

メールアドレスを入力して、「確認用メールを送信」のボタンをクリックします。

届いた確認用メールに記載されているURLに遷移します。

入力項目を埋め、次へ、をクリックします。

これで登録は完了です!

パパの探しかた|Sugar Daddy(シュガーダディ)の場合

続いて、実際にパパを探してメッセージをやりとりするのには「本人認証」が必要です。

SugarDaddyを含むパパ活サービスは全て、「出会い系サイト規制法」により、本人認証が義務付けられています。

もちろん、ここで提示した書類が外部に公開されることはありませんので、安心して認証ができます。

本人認証に使用できる書類は下記の通りです。

  • 免許証
  • 保険証
  • 住民票
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

この中で手元にあるもので登録を進めればOKです。

本人確認が完了したら、いよいよあなたにぴったりのパパを探しましょう。

パパ活アプリは登録をした段階でパパ側からメッセージが送られてくることもありますが、あならの求めている条件を満たすパパと出会うには、実際に自分から行動することが大切です。

画面左上の、「検索」から会員検索でパパを探しましょう。

年齢は、下限、上限ともに設定が可能ですが、条件のいいパパを逃さないためには年齢上限を設定しないことをおすすめします。

若くて見た目のいいパパは当然人気のため、夜のお相手も当然のように求められるなど、パパ活女子にとってハードな一面もあります。

一方で50代後半〜60代以上のパパの場合、他の女性たちから年齢で切られることも多いため、食事デートだけでも高額のお手当を望めるような当たりのパパが見つかりやすいことがあります。

年齢層は広めで設定すると、好条件のパパをうっかり見逃すことがなくなるのでおすすめです。

続いて「地域」には、あなたの住んでいる、または活動しやすい都道府県を登録しましょう。

パパ、特に条件のいいパパは東京に多い傾向にありますので、神奈川や埼玉在住で都内活動が可能な場合は、「東京」で設定するのがおすすめです。

続いて「年収」と「資産」の項目です。

ここも年齢と同じく、年収、資産額の幅を広めに設定することで、穴場の好条件パパを見逃す可能性を減らすことが出来ます。

高望みし過ぎずに自分の最低ラインで設定して、とりあえず検索することをおすすめします。

最後に会員ランクについて、「プレミアム」と「ダイアモンド」と記載があります。

「プレミアム」については必ず、チェックを入れましょう。

Sugar Daddyは、男性も無料で使用することが可能です。

月額料金を払うことで「プレミアム会員」となることができ、メッセージ数の上限を撤廃することができるなどの便利機能がつきます。

男性側は実際「プレミアム会員」以上にならないとまともに活動ができないので、プレミアム会員にチェックを入れて探すことで、本気で出会いたいと思っていない会員を検索結果から振り落とすことができます。

「ダイアモンド会員」は、プレミアム会員でかつ年収証明を済ませる必要があります。

高額のお手当を望む場合は、「ダイアモンド会員」のパパを捕まえることがおすすめですが一方でデメリットもあります。

ダイアモンド会員で高収入のパパは他の女の子からの人気も高く、定期が難しかったり、顔合わせだけで切られる可能性も高くなります。

ダイアモンド会員だけに絞り込んで検索するとかなり厳しい戦いになる可能性があるので、まずはプレミアム会員を中心に、あなたにぴったりのパパを探しましょう!

おすすめパパ活アプリを年齢別に紹介

パパ活は年代ごとで攻略法もマッチしやすさも様々です。
ここからは、各年代の女性たちにもっともおすすめしたいアプリについて、年代ごとに紹介していきます!

10代におすすめのパパ活アプリNo.1:Paters(ペイターズ)

10代(18歳以上)のパパ活女子に最もおすすめなパパ活アプリが、大手のパパ活アプリ、Paters(ペイターズ)です。

このアプリの特徴としては、下記の2点があげられます。

  • 男性も女性もハイレベルが多い(男性は高所得、女性は見た目のレベルが高い)
  • とにかく登録者数が多い

大手のため、安心安全なのがメリットです。

しかし男性の登録料金が他サービスと比較してもお高めのため、男女比は女性が圧倒的に多く、数少ない有料物件男性に女性が群がるような構図になっています。

そのため女性はある程度容姿がハイレベル、など、魅力度が高くないとマッチしにくいサービスです。

そんなPatersですが、まだあなたが10代であれば若さだけで他のパパ活女子よりも一歩リードすることができ、好条件のパパと出会える可能性が高いです!

若さを生かして、Patersでパパ活を始めましょう!

ペイターズに登録する

20代におすすめのパパ活アプリNo.1:Sugar Daddy

10代(18歳以上)のパパ活女子に最もおすすめなパパ活アプリが、この記事でも紹介した、Sugar Daddy(シュガーダディ)です。

Sugar  Daddyは、高スペックの男性が多く登録しています。

なおかつ他のパパ活サービスと比較して男性の利用料が比較的リーズナブルということもあり、男性の登録者数が多いです。

筆者もSugar Daddyを利用していたことがありますが、女性が登録してある程度プロフィールを記載しておくだけで「年収1000万超え、ハイスペック」なパパからのお誘いメッセージが多数送られてきました。

パパ活サービスとしては老舗ということもあり男性側もパパ活慣れしている方が多いため、お手当の交渉などとてもスムーズに進められる印象です。

20代はパパ活をするのにもっとも適した年代です!

上記で10代向けと紹介した「Paters(ペイターズ)」も20代女性にもおすすめな優良サービスですが、マッチ率がSugar Daddyの方が高い印象のため、こちらではSugar DaddyをおすすめNo.1とさせていただきました。

容姿に自信がある方や、パパ活慣れしているパパ活女子には、Patersもおすすめなので、併用して利用するものありでしょう。

Sugar Daddyに登録する

30代以上におすすめのパパ活アプリNo.1: Paddy67

30代以上のパパ活女子に最もおすすめなパパ活アプリが、Paddy67です。

このアプリには、30代以上の女性におすすめできる特徴が2点あります。

  • 会える日付からお相手探しが出来て、仕事の合間にパパ活が可能
  • シークレットモードがあり、身バレ防止対策バッチリ!

10代や20代の大学生パパ活女子とは違い、忙しい合間を縫ってパパ活に励む30代以上のパパ活女子。

Paddy67なら、忙しい人でも効率よくパパを探すことができます。

また、「30代以上でパパ活しているなんて、周りにバレたら恥ずかしい」と感じていても、Paddy67なら身バレ防止対策がしっかりしていて安心です。

またPaddy67には経営者や上場企業の役員など社会的な立場が高く落ち着いた方が多いので、30代女性の落ち着いた女性の需要が高め。

安心してお付き合いができる、理想のパパを探しましょう!

Paddy67に登録する

パパ活で女性は何歳から何歳まで?まとめ

この記事では、パパ活で活動できる女性の年齢と報酬(お手当)について紹介しました。

一般的にパパ活は若い女性とオジサマの組み合わせをイメージされる方が多いですが、年齢関係なくパパ活で稼いでいる女性は存在します。

30代を超えてもゴリゴリ稼げる女性もたくさんいらっしゃいますので、年齢を理由に躊躇せず、まずはトライしてみることをおすすめします。

また報酬についても、パパ活の報酬には規定がないため、あくまで言い値になります。

女の子の魅力と交渉術次第でいくらでも上がる可能性がありますので、非常に夢のある稼ぎ方です。

自分磨きを怠らず、パパ活で稼げる女子を目指しましょう!