実験!Facebook(フェイスブック)でパパ活体験!会えたかの結果やリスクについても

 「パパ活したいけど有名アプリは全然相手が見つからなくて…Facebookとかってパパ活できないのかな?」
「Facebookってパパ活できるの?友達がTwitterやインスタを使っているから、私もできないかと思って…」

結論から言うとFacebookはパパ活に向いていません!

個人情報の紐付けがかなり強固なので、身バレのリスクも高い・さらにパパ活人口はほぼいないからです。

Facebook datingという機能がヨーロッパやアメリカでリリースされいますが、まだ日本では未公開。

今回はなぜFacebookがパパ活に向いていないのか、どうしてもFacebookでパパ活したい時はどうするべきか?などを解説していきます。

ライバルが少なくて使いやすいアプリも紹介しているので、他アプリでライバルが多すぎて相手が見つからないなどの悩みも解決しますよ。

 

結論:Facebook(フェイスブック)でパパ活はできる?

ぶっちゃけいうとFacebookでのパパ活は難しいです。

出会える可能性が0というわけじゃないのですが、Facebook自体が本名登録・地元とのつながりが多いことからリスクが高すぎ。

しかもパパ活目的でFacebookを使ってる人自体が少ないので、交渉も難しいです。

私としてはFacebookのパパ活は手間のわりに成果が出ないのでお勧めしません。

パパ活に使えそうな機能

Facebookはパパ活向けじゃないですが、日本でリリースされたらパパ活に使えそうな機能があります。

Facebook dating

Facebook datingという機能が2020年12月にヨーロッパでリリースされました。

Facebookを使って出会いを探してデートができるっていう機能ですね。

海外のYoutuberが使ってる動画を見たのですが、シンプルなマッチングサイトという感じで相手を検索→マッチング→メッセージ→デートの王道的な流れでした。

実はこの機能は2018年に発表されて、2019年9月からアメリカで実施。

日本でのリリース時期は未定なのですが、段階的にアジアにもリリースされるはずです。

使用開始したら使ってみる価値はあると思います。

Facebookを使用している年齢層

Facebookを使用している年齢層自体はかなりパパ活向けだと思います。

そもそもリリースされた時期に高校生・大学生だった人たちが今30〜40代になっているので、男女ともにメインの利用層がパパ活世代。

Facebookでのパパ活の相場

Facebookでのパパ活の相場を調べてみました。

顔合わせ 5,000円
食事 5,000〜10,000円
大人の関係 30,000円

顔合わせが5,000円程度なので、正直言って高いとは言えません。

Facebookは企業名が出るのでお金持ちが見つけやすいのですが、その人たちが確実にパパ活してくれるとは限りませんからね。

 

Facebook(フェイスブック)でのパパ活の口コミ

Facebookでパパ活している人がいるのか?そしてその人たちはどんな感想を持っているのか?を調査しました。

男女それぞれの口コミを見てみましたが、一番怖いのが「友達のパパ活に気づいた」人が多いこと。

個人情報の紐付けが優秀なサイトなので、友達がパパ活している・自分がパパ活した時に相手にバレることも大いにあるわけです。

しかも「Facebookでパパ活するやついるんだ」とまで言われています…。

パパ活グループはあるみたいですが、正直そこまで稼働していないのでグループを使って出会いを探すのは難しいでしょう。

 

Facebook(フェイスブック)でのパパ活のメリット・デメリット

ぶっちゃけお勧めできないFacebookでのパパ活ですが、メリット・デメリットの両面から分析していきます。

Faceboookでのパパ活のメリット

まずはFacebookの機能でパパ活がしやすい、私たちにとってメリットになる点をまとめました。

身元が詳細にわかる

Facebookは知り合いとの繋がりをコンセプトに作られたアプリなので、個人情報の登録が詳細です。

身バレリスクが高いのは難点とも言えますが、相手がきちんとした人かを見極めやすいですよね。

会社名や経歴も書かれているので、変な人じゃないかはチェックできるでしょう!

顔写真をアップしている人も多いので、事前に相手の情報を知れるのも良いところです。

変なことをされない可能性が高い

Facebookはリアルな友人と繋がるアプリのため、ある意味男性から変な事をされづらいです。

万が一相手に変な事をされたら、投稿に相手をタグ付けすれば拡散できます。

男性もこのリスクは理解しているので、迂闊に手を出したり・食い逃げ・やり逃げをする人は少ないです。

配偶者にメッセンジャーをチェックされづらい

Facebookって意外に浮気に活用されているって知っていますか?

浮気を疑って旦那の携帯チェックをする時、真っ先に見られるのがLINE・TwitterのDMなんです。

FacebookはSNSとしては下火なので、配偶者に注目されづらいんですよね。

そのためFacebookメッセンジャーでのやりとりなら、配偶者バレしづらいのはメリット。

Faceboookでのパパ活のデメリット

次はFacebookのデメリットを紹介します。

身バレすること

Facebookは個人情報を公開するタイプのSNSなので、身バレの危険があります。

仮に本名で登録していなくても、繋がっている人たちからあなたの地元・出身校・会社がバレる可能性があるんです。

しかも過去の投稿・写真を遡って大体の家まで特定できちゃう怖さがありますよね。

FacebookはSNSの先駆けなので、ある意味個人情報に対して寛容。

相手の身元を確かめられるのは安心だけど、あなたの個人情報がバレる可能性があるのです。

友人にパパ活バレしやすい

Facebook専用アカウントを作ったとしても、友人バレするリスクがあります。

メールアドレスや電話番号の連携で、友人かも?に表示されることがあるんです。

名前を変えて別端末で登録し、連絡先との連携を切断するなど細心の注意が必要。

迂闊にアカウントを間違えて投稿すると、一気にあなたのリアルの友人にパパ活がバレます。

嘘のプロフィールの可能性がある

Facebookは元々本名で登録する仕様になっていますが、身元確認はありません。

つまり嘘のプロフィールを作っている人もいます。

学歴・勤めている会社など全て嘘をつけてしまうため、出会えた人が必ずお金持ちという保証はありません。

相手がストーカーになる可能性がある

上手くパパ活できたとしても、相手がガチ恋になった場合にストーカーされる危険があります。

個人情報を辿ってあなたの家を特定したり、最悪の場合は「僕は〇〇さんの恋人なのですが連絡が取れない」などと地元の友人にコンタクトを取られるかも。

Facebookにはあなたの情報がかなり詳細に載っていると思うので、注意が必要です。

検索機能でパパ活をしている人を見つけるのはほぼ不可能

Facebookの検索機能で”パパ活”などとワードを指定して検索するのは難しいです。

試しに「パパ活」と検索してみましたが、”パパ”という言葉だけ拾われて赤ちゃんの写真がたくさん出てきました(笑)

会員検索でパパ活してる人を絞り込めないので、パパ活相手を検索で見つけることはできません。

そもそもパパ活人口が少ない

Facebookはパパ活している男女が非常に少ないです。

ライバルが少なくて良いじゃん!と思うかもしれませんが、パパ自体もいません。

私はFacebookはメリットよりデメリットの方が多く、結論としてパパ活に使う理由がないと判断しました。

 

Facebook(フェイスブック)でのパパ活のやり方

Facebookでパパ活をするとしたら、どうするかを考えてみました。

実際に私も何回か試したことがあるんですけど、どうみても難しいんですが…あえてやるとしたらコミュニティを使うのが正解だと思います。

実際にどうやるのかを教えますね。

Facebookに登録

絶対に守って欲しいのが、今使っている既存アカウントとは別にアカウントを作ることです。

地元の友達と繋がっているアカウントは本名・学校・地元の情報が満載なので、パパ活用にアカウントを作りましょう。

 

新規アカウントの作成をするのですが、名前もパパ活用の偽名を用意してくださいね。

特に身分証明の必要もないので、生年月日も適当でOK。

ただしパパ活に使うので、プロフィール写真・内容はしっかり入力しないとダメですよ。

Facebookは知人が利用していることも多いため、顔出し写真じゃなく顔の一部を使った方が身バレを回避できます。

新規アカウントでも、あなたが登録したメールアドレス・電話番号から友人のレコメンド欄に「友達かも?」と表示されるリスクあり!

Facebookの設定>あなたの検索から、電話番号とメールアドレスの連携をOFFにしておきましょう。

Facebookでパパを探す

Facebookでパパを探すときは、パパ候補の男性をピンポイントで探すことはできません。

 

パパ活用のグループやコミュニティがあるので参加して、参加している会員を1つずつ見ていく必要があります。

と言っても”パパ活”を指定してもママ友・パパ友募集のページが出るので1つずつグループの趣旨を確認する必要があるんですよね。

  • パパ活
  • おじさま
  • 40代以上の出会い

いろいろ試してみたところ、このキーワードでグループ検索をかけると出会いを探している人が集まるコミュニティが見つかりました。

メンバーは40〜100名くらいしかそれぞれいないのですが、参加している男性を狙ってメッセージを送るとパパ活につなげられる可能性はあります。

私も実際1つのグループに参加して試しましたが、男性のログイン率が低いのか?私の魅力が足りないのか、スルーされてしまいました。

う〜ん…パパ活はスピード感も大事なのですが、Facebookだと出会える人数が少ない・検索しづらい・身バレしやすいことからやっぱりパパ活は難しいと思いましたね。

Facebook datingがリリースされたらできる?

日本では公開されていない機能ですが、Facebook datingがリリースされたらパパ活もできるようになるかもしれません。

引用元:Facebook dating

引用元:BUSINESS INSIDER

日本版は未公開ですが、こちらがFacebookが公開しているデモ画面です。

Facebook上の好み・興味・アクティビティをもとにマッチングしてくれて、Like!(いいね)をしてマッチング、その後メッセージができるようになるそう。

Likeには複数種類があり、Secret Crush(恋愛対象)という超いいね!のような機能もあります。

見た目的にはTinderに似ていて、カジュアルにデートができるような設計になっていますね。

私もまだ使ったことがないのですが、同じパパ活グループに所属していたらお互いにおすすめに出たりすることが予測されるので、パパ活用アカウントを作っておけばパパ活目的で登録している男性とマッチングする可能性は十分あるでしょう。

 

Facebook(フェイスブック)以外のおすすめパパ活アプリ

大手のアプリを使ったけど出会えない、Facebookみたいに気楽にSNSでパパ活したい人向けのパパ活アプリをおすすめします。

おすすめパパ活アプリ No.1 MITSUMITSU

引用元:MITSUMITSU

会員数 非公開
月額料金 男性:6,500円(月額)
女性:無料
年齢層 男性:30〜50代
女性:20〜30代
男女比 7:3
利用目的 パパ活
恋愛
運営会社 スマートルーティン株式会社
所在地 東京都港区赤坂1-1-17
MITSUMITSUも新規パパ活アプリで、デートの予算をプロフィールに提示できるのが特徴。
男性が月にいくらくらい払えるか見極めやすいので、食事のみで考えている人=予算が低めなど見分けやすいですよ。
まだ会員数が少ないこともあって、地雷もいないし快適です。
私はMITSUMITSUでデートした相手から一回で3万円いただいたことがあります!
気前の良い男性が多い印象があるので、食事のみでも十分パパ活できます。
会員検索の結果表示で、年収がそこまで高くない人が表示された。期待していなかったけど、食事だけでちゃんと1万円くれて安心しました。
デートの日程を送って、お互いOKしてからメッセージのやり取りが始まる珍しいアプリ。基本的に”会うこと”が前提になってるので、顔合わせのヒット率が高い!

おすすめパパ活アプリ No.2 PJ

引用元:PJ

男女比 7:3
利用目的 パパ活
運営会社 株式会社エクリプス
所在地 東京都世田谷区三軒茶屋1-35-3 MTビル202

パパ活専用アプリPJは、名前の通りパパ活専用アプリとしてリリースされており初心者さんでもパパ活しやすいです。

地方会員は少ないので、都心部のパパ活向けなのですが、会員の質は高くて大人の関係ありならすぐにでもパパが見つかると思います。

ライバルが少ないので、登録して1ヶ月くらいで10名くらいの男性と顔合わせできました。

23区で活動していますが、思ったより早くパパが見つかりました!ライバルが少ないみたいで、全然女性から声がかからなくて不安だった〜とパパが言ってました!狙い目かも。
パパが結構イケメンで、しかも太っ腹でした!お肉を食べに行っただけなのに、お手当2万円ももらえて嬉しい。

おすすめパパ活アプリ No.3 Tinder

引用元:Tinder

会員数 400万人以上(有料)
5,000万人以上(世界)
男女比 6:4
運営会社 MG Japan Services 合同会社
住所
東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル4階

Tinderは世界的に会員がいる超有名な出会い系サイトで、Facebook datingと仕様が似ています。

来るべきFacebook datingの前にこちらで予習をしておくのも良いかも?

魅力はスワイプするだけでいいね!が送れるシステムで、カジュアルな出会いを求めている人が多くデートまでのスピードが速いこと。

パパ活専用アプリじゃないですが、すぐに出会える・外国人のパパとも会えるのが魅力です!

私もTinderで即日デート可能なパパと出会い、お小遣いをもらったこともありますよ。

その他パパ活アプリのおすすめはこちらの記事で紹介しています。

目的別|パパ活のおすすめアプリを年齢やお手当の相場ごとに紹介!危険なアプリの特徴も

なかなかパパが見つからなくて悩んでいる人は、こちらのコツの記事を参考にしてみてくださいね♪

パパ活の安全なやり方!簡単に初心者でもお金持ちのパパを見つける方法

年齢別・経験別(初心者など)のおすすめパパ活アプリ一覧
目的別|パパ活のおすすめアプリを年齢やお手当の相場ごとに紹介!危険なアプリの特徴も

パパ活で私が月に50万稼いでいるやり方はこちら
パパ活の安全なやり方!簡単に初心者でもお金持ちのパパを見つける方法

 

Facebook(フェイスブック)でのパパ活まとめ

残念ながらFacebookは現時点ではパパ活向けではないですが、相手の身元が確認できる安心感は良いところですよね。

Facebookは最近マッチングアプリ事業にも力を入れているみたいで、Facebook datingの次はSparkleというマッチングアプリの開発にも着手しているそう!

セキュリテイなども安心感があるし、リリースされたら私もパパ活をもう一度試してみたいと思います!

現時点ではFacebookよりもライバルの少ないMITSUMITSUやマッチングアプリ、カジュアルな出会いならTinderを使った方が有利です!

パパと大手アプリで出会えない方やもっと気軽にパパ活アプリを使いたい方は試してみてくださいね。