ペアーズでブロックする方法&された場合の見分け方や対処まとめ

国内最大級のマッチングアプリとして、利用者1000万ダウンロードを達成したペアーズ。

気になる相手と簡単にメッセージのやりとりができるぺアーズを利用していると、急に連絡が来なくなることも。

相手からのメッセージが急に途絶えてしまうと心配になってしまいます。

何か嫌な思いをさせてしまい、ブロックされてしまったのではと不安に。

気になる相手からブロックされるとどうなるのか、嫌な相手をブロックする方法などを解説していきます。

これからペアーズを使って出会いを探す人も、ブロック機能を知ることで役に立つことがあるかもしれません。

ブロック機能は万が一のトラブルを避ける時にも使えるので、ぜひ最後までチェックしておきましょう!

pairsに登録する

 

ペアーズのブロックとは?

ペアーズのブロック機能とは、やり取りをしたくない相手を完全に拒否できる機能です。

相手をブロックすることで、相手はあなたとコンタクトを取れなくなります。

相手から何か嫌なことを言われたり、出会ったばかりでいきなり連絡先を聞かれて不安になる時などに有効です。

ペアーズを使っていると異性から急にデートに誘われたり、連絡先を交換するようなメッセージが届くことがあります。

新しい出会いを探していても、急にこのようなメッセージが来ると相手に不信感を感じますよね。

時にはちょっとしたことで嫌なことを言われたりしてショックを受けてしまうことも。

この人とは連絡を取りたくないと感じたらブロック機能を上手く活用しましょう。

ペアーズは国内ユーザー1000万人が利用するマッチングアプリです。

その人以外にも異性はたくさん登録しているので、新しい出会いを見つけていくことをおすすめします。

あなたにとってベストな相手と出会えるチャンスを作っていくことが大切です。

ブロックは2種類!違いは何

ペアーズのブロック機能にはブロック機能の他に、相手とのやりとりを表示しない非表示の2種類が存在します。

まずはブロックするとどうなるのか見ていきましょう。

  • お互いのプロフィールが見られなくなる
  • 相手と一切コンタクトが取れなくなる
  • つけた・つけられた足跡は消える
  • 検索から消えたらブロックされたか退会している
  • 「お気に入り」から消えたらブロックされたか退会している
  • 「退会済み」と表示される

ペアーズでは一度ブロックしてしまうと、元に戻せなくなるのでブロックする場合は気をつけておきましょう。

「この人とはもう会話したくない」「メッセージのやりとりやプロフィールを見られたくない」そう感じた時はブロッ機能を使うのがおすすめです。

一度ブロックリストに登録しておくことで、二度とその人が表示されることはありません。

途中まで上手くいっていたのに突然興味がなくなったり、今は他の人との会話に集中したい時はブロックではなく非表示しておくと良いでしょう。

ここからは、ブロックと非表示について詳しく解説していきます。

ブロック

ペアーズでは、相手とやりとりをしたくない場合にブロック機能を使います。

嫌な相手をブロックすると、相手とは一切やりとりができなくなります。

異性から嫌がらせを受けた時や、しつこいメッセージが来る時はブロック機能が便利ですね。

相手をブロックすると自分のプロフィールを閲覧できず、プロフィールの写真や内容を知られないので安心です。

相手の足跡からあなたの足跡が消えるので、追跡されることもないのです。

ペアーズで相手をブロックすると、相手側には退会済みと表示されます。

もし、あなたがブロックされた場合でも、「ブロックされました」と表示されるより少し気が楽になりますね。

これはペアーズ運営者が配慮したポイントかもしれません。

他のマッチングアプリでは万が一のトラブルの時には、このブロック機能を使うことをおすすめします。

異性を検索している時に、知り合いを見つけた時は、あらかじめブロック機能を使いましょう!

非表示

ペアーズを利用する上で、返信するほどではないけれどメッセージのやりとりが面倒になることがあります。

そんな時に役立つ機能が非表示です。非表示機能はブロックと違い、解除できます。

相手をブロックするまではいかないけれど、一時的に表示したくない時に最適です。

ペアーズを登録したばかりで、「この人もしかしたら業者かも・・・」「この人気になるけど会話が合わない」と感じた時にも有効です。

はじめのうちは非表示にしておき、信頼できそうなら解除して、やりとりするのも良いかもしれません!

相手を非表示にすると、相手からあなたのプロフィールやメッセージのやりとりは、今まで通り表示されます。

一時的にやりとりをしたくない時や相手のメッセージを見たくない時は、非表示機能を使ってみましょう!

あなたが非表示にしたことは、相手には伝わらないので心配しなくても大丈夫です。

これまで通りあなたのプロフィールやメッセージを見る機能が残るだけで、しばらく返事が来ないと感じるだけです。

相手からメッセージ送信できますが、通知を非表示にすることで相手のメッセージを見なくて済みますよ。

非表示機能は、相手とマッチする前でも使えます。

非表示機能

後から簡単に非表示を解除することもできるので、一時的に使用できるメリットがあります。

非表示を解除

ブロックによる悪い影響はある?

ブロック機能を使うと、マッチング率やいいね数、表示回数は低下してしまうのかきになりますよね。

今までたくさんついてたいいね数が減ってしまうとモチベーションが下がってしまうことも。

ペアーズでは、いいね数は1か月単位で表示されます。

最後にいいねをもらってから30日間はいいね数は30日間リセットされません。

なので、ブロックされても変化しないので気にしなくて大丈夫ですよ。

さらに気になるのが相手とのマッチング率。

マッチング率は相手との相性が良いと、マッチング率が高まります。

マッチング率は相手のプロフィール写真の下に「相性90%」のように表示されます。

この相性は、ブロックしても変化しないので安心です。

大切なのはあなたが嫌だと感じる相手とメッセージを続けるよりも、できるだけ早い段階でブロックして、楽しく会話できる相手を探すことです。

素敵な出会いが見つかる可能性があるペアーズを、上手に利用していきましょう。

pairsに登録する

 

ブロックで相手にバレないやり方

ここでは相手にブロックしたことがバレない方法が実はあるのです♪

「この人をブロックしたいけど、その後が不安」「相手と一度会ったけど大丈夫かな?」このように気になってしまいますよね。

そんな方でも安心してブロックできる方法を紹介していきます。

どれも簡単にできるブロック方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

非表示の方法

相手とのやりとりが嫌になった時、相手にバレずにブロックする方法が非表示機能です。

相手を非表示にする方法はどうやってするの?

1.非表示したい相手のページに入る

非表示したい相手のページに入る

2.画面右上にある「・・・」をクリック

画面右上にある「・・・」をクリック

3.一番下の「非表示・ブロックの設定」をクリック

一番下の「非表示・ブロックの設定」をクリック

4.「非表示」をクリック

4.「非表示」をクリック

5.画面下に表示される赤枠「設定内容を更新する」をクリック

画面下に表示される赤枠「設定内容を更新する」をクリック

6.「非表示にしますか?」画面で「はい」をクリックする

「非表示にしますか?」画面で「はい」をクリックする

この手順で選択するだけで簡単に相手を非表示にできます!

非表示にするまでにかかる時間はわずか30秒程です。

今後やりとりするかもしれないけれど、今だけは表示したくない時などに使える機能ですね。

ブロックとは違ってまた再開できるのが、利用者のことをよく理解している機能だといえます。

非表示した相手を解除する場合は、非表示ユーザーリストから解除を選択するだけで、これまで通りやりとりを開始できます。

ブロックの方法

ペアーズで相手をブロックする時には、これから解説する手順でクリックすることで完了します。

トップページから簡単に30秒以内でできるのでとても便利です。

では早速、スマホ版とPC(web)版、それぞれのブロックの手順を見ていきましょう!

スマホ版のブロックの仕方

「この相手と今後やりとりしたくない」って思った時に役立つブロック方法です!ブロックの手順は以下の通りです。

1.まずはブロックする相手のプロフィール画面へ入ります

まずはブロックする相手のプロフィール画面へ入ります
2.画面右上の「・・・」をクリックする

2.画面右上の「・・・」をクリックする
3.「非表示・ブロック」と表示されるので、ブロックを選択する

3.「非表示・ブロック」と表示されるので、ブロックを選択する
4.「ブロックしますか?」の画面で「はい」を選択する

4.「ブロックしますか?」の画面で「はい」を選択する

相手をブロックしたい時はこの手順で完了です!

スマホ画面の下にメニューが固定されているので、どのページからもアクセスできて便利ですね。

PC(web)版のブロックの仕方

PC(web)版で相手をブロックする手順を解説していきます。

以下の手順でクリックするだけで誰でも簡単にブロックが完了します!

1.ブロックしたい相手のプロフィール画面をクリックする
2.画面右上に表示される「・・・」をクリックする
3.上から2番目に「非表示・ブロック」があるので、ココをクリックする
4.ブロック設定の画面に切り替わり、タブが選択できる
5.タブから「ブロック」を選択する
6.画面下の赤いボタン「設定する」をクリックする
7.「ブロックしますか?」の画面で「はい」を選択すると完了

PC版のメニューは画面の左端に固定されているので、どのページからもアクセスできます。

この方法を知ることで、やりとりしたくない相手を簡単にブロックできるので、とても便利ですね。

ブロック機能は一度使うと解除できないので気をつけてください。

ブロックできたか確認する方法

相手を確実にブロックできたか気になりますよね。

PC版なら左のリストから「その他」を選択し、スマホでは画面右下の「その他」をクリックしましょう。

すると、PC版では「設定」、スマホでは「各種設定」の欄があるので、ここをクリック!

一覧画面に下から2番目に「ブロックユーザーリスト」が表示されます。

ブロックユーザーリストへ入ると、あなたがこれまでブロックした相手が一覧表示されます。

ブロックしたい相手がリストに入っていれば、確実にブロックできたことがチェックできるので安心です。

異性と会話していて嫌な思いをした時やいきなり連絡先を聞かれた時などはブロックしておき、後でチェックしておくと安心してこれからもペアーズを利用できます。

pairsに登録する

 

ブロックされた場合の確認と対処方法

ここまではあなたがブロックする方法について紹介してきましたが、もしあなたがブロックされたらどうしたらいいのか不安になりますよね。

ここではブロックされた時の対処法について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

ブロックされた時のチェック方法や非表示とブロックの見分け方、相手からブロックされた時の裏技も紹介しています♪

万が一ブロックされてしまった時は、これから紹介する裏技を使うと良いかもしれません。

ブロックの確認と見分け方

あなたが相手からブロックされたかどうかをチェックしていきましょう!

  • 相手からのメッセージが突然表示されなくなった
  • ブロックされたか知りたい

と悩んでいる方におすすめの方法です。

退会済みとブロックを見分ける方法や非表示とブロックの見分け方、ブロックされたのかチェックする方法をそれぞれ見ていきましょう。

退会済みとブロックを見分ける方法

相手からブロックされると、「相手は退会済みです」と表示されます。

今までやりとりをしていたのに、急に退会されると「なぜ?」「本当に退会したの?」と疑問を感じます。

実際に退会している場合も同じ表示となるため、見極めることは難しいでしょう。

一度ブロックされてしまうと、これまでのメッセージだけでなく足跡も消えてしまいます。

こちらからは相手のプロフィールが閲覧できないので、この2つを見分ける方法は自分のアカウントではできないのです。

非表示とブロックを見分ける方法

非表示された場合とブロックされた時では、表示される内容が全く違います。

ブロックされると相手のプロフィールだけでなく、これまでのメッセージや足跡など、相手との全ての内容が削除されます。

非表示にされるとあなたの画面ではこれまでと何も変わりません。

今までと同じようにメッセージを送れて、相手のプロフィールも閲覧できます。

もし非表示にされても、こちらでは何も気づけないのです。

ただ1点今までと違うのはメッセージの返信です。

気になる相手にメッセージを送信できるけど、相手側ではメッセージ通知が表示されません。

これまで返信が来てたのに急に来なくなった時は、「非表示」されたかもしれません。

ブロック機能とは違い、相手が非表示を解除すれば、またやりとりできる可能性が出てきます。

ブロックされたか確認する方法

これまでやりとりをしていた相手から急に連絡が途絶え、相手が退会したと表示されることがありますよね。

本当に退会したのかブロックされたのかチェックする方法があるのです。

まずは知人や友達のアカウントでログインしましょう。

友達のスマホからペアーズにログインして、ブロックされた可能性がある相手をさがします。

もしも本当に退会しているなら表示されません。

それなのに退会したはずの相手がいる!

実は、これはあなたが相手からブロックされたことを示しているのです。

ブロックされるのには何かしらの原因があります。

この人とは縁がなかったと割り切って次の出逢いを探しにいきましょう!

ブロックへの対処方法は再登録

もしもブロックされた時は新しいアカウントで再登録する方法が有効的です。

これまでログインに使用したものとは別のメールアドレスを使用します。

再登録することでブロックされた相手とやりとりできるかもしれません。

再登録した場合のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

再登録のメリット

ペアーズのアカウントを再登録した時のメリットは、新しいアカウントなので突然連絡が取れなくなった相手とのやり取りが再開できることです。

「気になる相手とあと少しで・・・」という場合には再登録すると良いかもしれません。

新しく登録しても同じニックネームやプロフィールだと相手がすぐに気づくこともあります。

前回のペアーズで偽名を使っていたなら、本名や別の名前で登録するのも良いですね♪

プロフィール欄もこれまで以上に魅力的な内容にすることで、より多くの人からいいねを貰えるかもしれません。

もしも、新しく作ったアカウントで、同じ相手から拒否された時は思い切って諦めましょう!

あまりしつこく接すると相手が本気で嫌がるので注意が必要ですよ。

再登録のデメリット

アカウントを新しくすることで、これまでやり取りしていたデータは全て消去されるデメリットも。

最近30日間のいいね数や異性との相性も変化するので、再登録する場合はよく考えてからにしましょう!

あなたの趣味やプロフィール内容、ログイン時間がほとんど同じなら、今までと同じ人とマッチングする可能性があります。

アカウントを新しくして知られたくない相手に表示されないためにも、以前のアカウントとは違った雰囲気にしていきましょう!

仮に再登録しても、同じような人とマッチングする可能性が高いからです。

あなたと同じような理由で再登録する人もいるので、必ずしも再登録が良いわけではないことを覚えておきましょう。

再登録のデメリットは他にも。

相手とメッセージのやりとりをするには、あなたの免許証などを再登録し、お支払い方法を再入力しなければいけません。

マッチングアプリの認証システムは少し面倒に感じる方も多いはずです。

ペアーズを再登録する時は、本人認証と支払い登録する必要があることを覚えておきましょう。

さらに、一度ペアーズを退会してからの再登録には30日以上の期間を空けなければいけません。

退会前の月額課金は引き継がれず、残り期間分の返金もないので注意が必要です。

ペアーズを再登録するなら、退会してからの再登録よりも新しいアドレスで作り直すのが簡単です。

pairsに登録する

 

ブロックの理由

あなたや相手がブロックするには、何かしらの理由があります。

「メッセージの中で不快になる内容が送られた」「実は知り合いや恋人だった」など理由は様々です。

ペアーズを利用する上で、相手からブロックされないためにも相手が嫌がることは避けておく必要があります。

万が一ブロックされたとしても、その人とは縁がなかったと思い、きっぱりと諦めることも大切です。

ブロックされない為のコツ

ペアーズを使っていて相手からブロックされない為にはコツがあります。

まずは相手とマッチした時に、相手が不快になるような内容を送らないことです。

ペアーズを利用する人は、あなたと同じ理由で登録したとは限りません。

恋人が欲しい人や友達が欲しい人、実際には会わずに、ただ会話がしたいだけの人など。

あなたが恋人を探していても、相手がそうでなければ目的が違います。

まずはたわいのない会話をしながら常識のあるメッセージを送ることが重要です。

メッセージを送った後は相手から返事が来るのを待つのもコツの1つです。

会話のようにすぐ返信する人もいれば、仕事の合間に返信する人もいます。

相手のペースに合わせてゆっくりと関係性を深めると好印象に繋がるかも♪

【返信率を高める「初回メッセージ」4つのポイント

相手からの返信率を高めるには初回に送るメッセージがとても大切です。

1通目のメッセージで押さえておくべきポイントは以下の4つです。

  • 定型文ではなく相手に合わせたメッセージを送る
  • 自己紹介を簡単に添える
  • 気になった理由を付ける
  • 相手との共通点について話す

気になる相手と親密になるには、最初の印象がとても大切です。

返信率を高める「初回メッセージ」4つのポイント
引用元:MENJOY
「相手がこの人と連絡を取りたい」と興味が出るような内容を送信し、できるだけ興味を引く内容にしましょう!

挨拶文だけではなく、相手を気に入った理由も添えると返信に繋がりやすいです。

まずはあなたのことを知ってもらうためにも、相手が気になる内容を送ることが返信率を高めることに繋がりますよ♪

続かせる「2つ目以降のメッセージ」6つのポイント

好みの相手から返事がきたら、関係を深める可能性が出てきます。

1回目のメッセージに返信が来たときに、2通目からのメッセージで覚えておくべき6つのポイントを紹介していきます。

  • 相手が興味ある内容の会話を広げる
  • 1つの話題について会話する
  • はじめのうちは敬語を使う
  • まずはペアーズ内でやりとりする
  • 徐々にデートに誘う
  • 質問ばかりしないこと

興味のある人から返信が来たら、テンションが上がって、つい質問攻めしてしまいがちです。

気になるかもしれませんが、あまりに色々聞かれると、途中で疲れてきますよね。

自然な感じで普段異性と会話するように、相手のペースも考えながら会話していきましょう。

「この人と会話していて楽しい」と思えるような人になれると、自然にお互い惹かれていくものです。

お互いに好印象で、もっとこの人のことを知りたいと思った時にデートに誘ってみると意外にうまくいくかもしれません。

出会いを探すためにペアーズに登録しても、お互い知らない人同士なので、最初のうちはどんな人か不安です。

少しずつその不安を取り除いて、相手に興味を持ってもらうことが良い出会いに繋がります。

OKをもらいやすい「デートの誘い方」4つのポイント

メッセージのやりとりを続けていく中で、「この人とデートしたい!」って思うことはありませんか?

マッチングサイトでまだ実際に会ったことがない人でも、会話していると会いたい気持ちが高くなってきます。

そんな時には相手からOKをもらいやすいデートの誘い方を使ってみましょう!

  • 初めてのデートはお昼に待ち合わせする
  • シンプルにデートに誘う
  • 食事を目的に誘う
  • お互い興味がある趣味に誘う

初めてのデートでは、できるだけ昼の時間帯に待ち合わせするようにしましょう。

いきなりのデートで夜に指定すると、身体目的ではないかと疑われてしまいます。

もしあなたがそうでなくても、より好印象を与えるためにもとても大切なポイントです。

メッセージのやりとりをする中で、お互い共通する趣味があると誘いやすいですよね。

「次の休みの日に美味しいご飯食べに行きませんか?」と気軽に聞いてみると良いでしょう。

OKをもらいやすい「デートの誘い方」4つのポイント

引用元:Love Hacks
最初のデートはできるだけ明るい時間帯に、周りに人がいる環境だと相手も安心できます。

ドライブやカラオケだと二人っきりになるので、相手によっては気が引けることも・・・。

休日にランチしてお互いのことをよく知った上で行動してみると恋人に発展できるかもしれません。

素敵な相手と最高の一日を過ごすためにも、相手の気持ちをよく理解してデートする場所や時間帯を決めていきましょう!

pairsに登録する

 

ペアーズのブロックに関するQ&A

気になる異性と出会えたのに急にブロックされた経験はありませんか?

今まで普通に会話していたのに、写真を送った直後やいきなりブロックされる理由などを解説しています。

ここからはペアーズを利用する上で気になることを質問形式で答えているので、参考にしてみてください。

ブロックされたら通報できる?

相手からブロックされた時に通報はできますが、ペアーズの違反報告の理由には当たらないので対応してくれません。

違反報告の対象は相手が金銭目的のためにペアーズを使っている時や自分以外の写真をプロフィールに掲載している時、勧誘やドタキャンされた時などです。

ブロックされると嫌な気持ちになってしまいますが、それだけでは相手を通報する理由にはならないので気をつけましょう。

ブロックされる理由以外で、相手から被害を受けた場合やペアーズの運営会社に通報をした上で、警察に被害届を出すこともできます。

身の危険を感じた時や金銭トラブルが発生した時などは通報機能を使うことをおすすめします。

ブロックした人から“いいね”されたのはなぜ?

あなたが過去にブロックした相手から、いいねをされることがあります。

この場合は相手が新しいアカウントで再登録している可能性が高いからです。

ペアーズでは一度ブロックすると相手と一切コミュニケーションを取れなくなります。

あなたのことが気になって別のアカウントを作成し、いいねをすることでアピールしているかもしれません。

もしも不快に感じるのであれば、同じようにブロックしておきましょう。

いきなりなぜブロックされました

ペアーズを使っていると何もしていないのに、いきなりブロックされることも。

これまで特に気になることもないのになぜ?

そんな時はもしかするとあなたの知り合いだった可能性も考えられます。

プロフィール欄に本人の写真や特徴を書いていると、検索された時に相手がブロックすることがあります。

スクロールしている間に偶然、元恋人や友達が出てくることも・・・。

異性を探している時に友達に知られたら気まずくなることもあります。

そんな時に相手が先にブロックをしたことも考えられます。

もし身近にいる人が恋人のいる状態でペアーズを使用しているのを知ったら、ブロックした上で運営会社に報告するのも良いかもしれません。

恋人や既婚者がいる人はペアーズを使えないので、このような時は対処してくれるはずです。

ペアーズ(Pairs)でこんなブロックをする相手には要注意

ペアーズ(Pairs)を使う上で気をつけなければいけないブロックがあります。

マッチングアプリを利用する人の中には、本気の出会いではなく遊び目的の人も少なからず存在します。

相手が対象でないと思った相手を全てブロックする場合もあります。

特に相手を傷つけたり嫌な思いをさせた記憶もないのにブロックする人は要注意です。

もし仮に他のアカウントを使って連絡してきた場合は、このような相手と連絡しないように気をつけましょう。

連絡は取りつつブロック

これまで何事もなく連絡を取りつつブロックされる場合は、相手が色んな人とやりとりをしていた可能性が考えられます。

好みの相手が複数いて、気になる人だけを選ばれたからです。

連絡している間にブロックされると、人間不信になってしまうかもしれません。

この相手は運命の人じゃなかったんだと割り切って、もっと良い人を見つけましょう。

一時的にはストレスを感じるかもしれませんが、気持ちを切り替えることも大切です。

写真送ったらブロック

メッセージを続ける上で相手のことが気になることはよくあります。

写真を送った直後にブロックされる場合は、好みでなかったか見た目で判断する人かもしれません。

これまで普通に会話していたのに、写真を見せた途端に拒否された時は、もしこの人が再登録してきても注意する必要があるとかわります。

もしも自分の容姿が気になる人は、あらかじめプロフィール欄に書いておくことをおすすめします。

あなたが写真を送りたくない場合は、「顔写真は送りません」と一言書いておくのも有効的です。

マッチング後LINE交換したらすぐにブロック

相手とマッチングしてからLINEを交換することはよくあります。

LINE交換後にペアーズを退会する場合は、あなたとの関係を本気で考えているかもしれません。

反対に、LINE交換後にブロックされた時は注意しなければいけません。

ブロックすることであなたは相手の行動がわからなくなります。

それは、あなた以外の異性に対しても同じように連絡先を聞いている可能性が高いからです。

色んな異性と関係を持つことを目的としている場合、ブロックすることで、あなたにわからないようにしているかもしれません。

そのような相手とは連絡先を交換した後も、実際に会うのは注意することをおすすめします。

pairsに登録する